2014年07月14日

【商品紹介】オリヒロ 特保ぷるんと蒟蒻ゼリー【5gの価値は】


承認3ヶ月以内だからギリで新商品!!
ということで紹介。

オリヒロ:『特保』ぷるんと蒟蒻ゼリー


『特保』がミソ。
実はほぼ同名の「ぷるんと蒟蒻ゼリー」という商品も普通に発売されている。
単価が安く利益率もまあまあなので、その辺のスーパーやドラッグストアのレジ付近に釣り下がっているのを見知っている人もいるはずだ。
これに難消化性デキストリンの特定保健機能をくっ付けて発売したのが『特保』ぷるんと蒟蒻ゼリーだ。
まったく紛らわしいことこの上ない。

名前が紛らわしい上に見た目も紛らわしい。



こんなん同一商品がパッケージリニューアルしたようにしか見えんがな。
しかし売価は約2倍と、こんなところで差別化図らなくてもいいじゃねぇかプライス。
ちなみに味もほぼ変わらず?
通常品のほうが液体部分が多くて、トクホのほうが蒟蒻っぽい感じではあるけどそんだけ。
味は十分に美味しいし、これで難消化性デキストリンが5gだってんだからコーラやお茶よりお手軽ではあるだろう。
ちなみにトクホコーラは500mlで5g。
回数にして五回前、時間にして約一年前(!!!?)に紹介した大正のグルコケアは1回分で4.4g。
同条件下で純粋な難消化性デキストリンいくら摂取したらどのくらい効果があるか?なんつーデータが公開されていない(≠無い)以上、製品含有量あたりの効果で推し量るしかないのが気に食わないが
まあ効果を見込んで飲みたくもないコーラ500mlをイッキするよりはずいぶんマシなんじゃないかなとは思う。
恐らくは美味しく摂取しながら健康になるというコンセプトのトクホ食品を、マズい薬をイヤイヤ服用するかのような見方する時点で我ながら思うところはあるががが。

さて、高いけど美味しいこのオリヒロ『特保』蒟蒻ゼリー。
褒めるだけではどーしても満足できないのがおいらの悪いところで。
ここまでどいつもこいつも難デキ押しだと、今までスルーしてた気に入らないところを叩きたくなってしまう。
いや、いい商品なんだよ?
劇的な効果は無いけどそんなに悪いところも無い、毒にも薬にもならない感じなんてそこらの新聞広告なんかよりは100倍マシ。
いちおー臨床試験に基づいた効果しか謳ってないんだから可愛いもんだよ。
血糖値だってがりっと上がるよりゆるやかに上がったほうが良いに決まってるんだし。
だからこそ気に入らない。

悪い所が無いとついさっき書いたばかりだが、あれは嘘だ。
どうせどいつもこいつも難デキ摂取すれば痩せると思ってんだろ?
それは正しいが大きなミステイク、その考え方こそが最凶最悪の死に至る副作用だ。
難デキ摂ってるからって高血糖高カロリーの食事が良いワケねーだろ。
そこまでの罪がある訳ではないから同列には語りたくないが、病態を改善する意思を妨げるという点ではホメオパシーとよく似ている。
ホメオパシーは勘違い「させる」ものであるのに対し、難デキは勘違い「する」ものであるだけだ。
正しく認識して摂取する分には何の問題も無いが、正しく認識させる努力を企業がやっているか?と考えると絶対にノーだ。
そう考えるとやっぱり気に入らねぇ。

以前どっかで読んだ、たぶんメリケン人のコラムによると、先進国の人間ってのは一年間でせいぜい600kgくらいしか食ってないそうだ。
でも、カロリーやバランスなんて気にせずに三食食いたいだけ食うと、その量は平均750kgまで跳ね上がるそうだ。
ソース?覚えてねーよごめんねー。
でもまあ750kg÷365日÷3回≒680gでそれっぽい数字だ。
まあこれが小食で500gだろうが三食次郎のW豚で2キロ超えてようが構わん。
詰まるところ食品で儲けようとするっつー事は、この限られた人間一人あたりの限界量っつーパイをどうやって切り分けるかという事になる。
この680gをポテチで埋めると約12袋分で800円くらい?
貧乏人御用達の業務用パスタなら200円切るだろう。
地域によって違うだろうが、近くのスーパーだとメイクイーンは700gで198円だし
同じパスタでもスイーツ御用達の店に行って680g食おうと思ったらヘタすりゃ5000円は飛ぶ。
言わんとしてる事が分かるだろうか。
ポテチはポテチだから200円のものを800円で売っても許されるし、パスタは店で食う方が美味いから同じ小麦粉でも10倍以上の価値が付くんだ。
トクホも健康食品もそう。
最近やたらと希少糖なんつー謎の物体が持て囃されてるだろ?


こんなやつ
これだってキロ200円そこそこの上白糖っつー大きさの決まったパイのグラム当りの値段をどーやって吊り上げるか、偉い馬鹿が無い知恵絞って考えた戦略の一つだ。
そりゃ蒟蒻ゼリーも2倍の値段になるさ。

食べるだけで痩せる。
この大きな誤解を解く気が無い理由って、パイの値段を上げることはもとより、今のパイの限界量である600kgっつー大きさを変えようとしてるんじゃねーのかな。
おいらの勘繰り過ぎかね。

にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ
間違いなく売れるだろうからババーンと展開したいんだけど賞味期限短すぎてあまりはっちゃけた量の発注取れないジレンマ。。。
人気ブログランキングへ
ブログパーツ
posted by 猫耳将軍 at 21:50| 北海道 ☔| Comment(27) | TrackBack(0) | 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする