2012年08月09日

うつを治す薬は、薬品では有り得ない。


少々古いデータだが、面白いものを見つけた。

http://glaxosmithkline.co.jp/press/press/2006_07/P1000358.html

グラクソ・スミスクラインという薬のメーカーが行った睡眠薬とうつ病の相関性についてのアンケートだ。
まずは一番下のグラフを見て欲しい。
睡眠薬服用者中、欝症状があったのは30代が一番多く50.8%
そして20代の45.2%40代の44.9%、そこからガクリと落ちて50代の21.9%と続く訳だ。
果たして星の数ほどある欝症状の中のどの症状を指して欝としたのかが甚だ疑問だが、今回の主旨からは外れるのでまあいい。

次に一番上のグラフだ。
20〜50代の睡眠薬の服用者のうち36.7%に欝症状が見られたという結果がある。
睡眠薬を服用していない同年代だと15.6%で、実に21.1ポイントもの差があることが分かる。

更にその下のグラフ。
欝症状のあった人となかった人とを分けての比較だ。
欝症状のあった人はなかった人に比べ「なかなか寝付けない」「熟睡出来ない」「朝早く目が覚める」人の割合が11.5〜15.6ポイント高かった。

欝症状を自覚している睡眠薬服用者のうち66.6%が睡眠薬服用開始時に自ら欝を疑っているが、そのうち44.9%は不眠以外の精神面の不調について医師と相談したことがなかったという結果もある。
つまり。
それと同じ数だけ、特に不眠の理由を追求することなく漫然と睡眠薬を処方する医者がいるっつー事だ。
患者が言わないから仕方がないじゃあ済まない。
医者に治すつもりが欠片ほどでもあれば、理由の心当たりその他くらい問診で突っ込んで当然だ。
もう少し穿った見方をすると、本当にその薬は医者から正規の手続きを経て処方されたものか?
という疑惑にまで行き着く。
いや、疑惑っつーか実際にそういうケースなんていくらでもあるんだけどな。

だが欝症状該当者のほぼ全員(97.1%)が精神面の不調の改善を望んでいるのに、当の医者は漫然と薬を出すだけ。
こいつはよろしくない。
さっきも書いたが、欝の症状なんて星の数ほどある。
バッドステータスをテキトーに書き込めばそれはだいたい欝の症状にヒットする。
では、もし欝でも何でもない人間に睡眠薬を飲ませるとどうなるか。
睡眠薬より弱い睡眠導入薬、ドラッグストアで買えるドリエルとかのことだな。
日常で薬を使わないヤツだと、アレでさえ夜に飲んで寝て起きるても一日じゅう倦怠感が残るくらいだ。
ただの量が多目の鼻薬ですらそんだけ効く。
睡眠薬だと果たしてどうなるかね。
少なくともおいらが一度だけ使った時は服用してから二日間、ほぼ寝て過ごすことになった。
用心のために三連休に合わせて使って良かったが、二日間が潰れるという大惨事でもあった。

もちろん効きすぎるヤツもいれは効きの悪いヤツもいる。
しかし個人差はあれど、睡眠薬を使ってるヤツが日中普段通りの活動ができていると考えるほうが無理がある。
自覚できるかどうかは別にして、何事にもやる気が起きず思考力も判断力も落ちる
常に体がだるく、場合によっては頭痛まで現れてとても仕事どころの話じゃない。
あれ?おいらは睡眠薬の副作用を書いたつもりなんだけど、これって欝の症状そのものなんじゃねーの?

しかしそこで一般人に気付けと言うのは無理な話だ。
最初の通院時は不眠だけだったはずが、次の通院時にはいろーんな症状がセットで付いてくるって寸法だ。
それを副作用と見抜くのは患者じゃなく医者の仕事だし、全く難しい仕事ではないと思うんだけどね。
漫然と睡眠薬出すだけの自販機ドクター様にはそんな機能なんてあるはずもなく。
めでたく欝の診断を頂き、晴れて欝確定\(^o^)/

あとは睡眠薬の副作用を抑える薬の副作用を抑える薬の副作用を抑える薬の副作用を抑える薬の副作用を抑える薬の副作用を抑える薬の副作用を抑える薬の副作用を抑える薬の副作用を抑える薬の副作用を抑える薬の副作用を抑える薬の副作用を抑える薬の副作用を抑える薬の副作用を抑える薬の副作用を抑える薬の・・・・
・・・・ウッヒョー無限ループってこええええええ。
出すだけなら無限に出せるんだろうけど、その無限の中に「治す薬」は1つでも混ざっているのかね
われわれ自販機ドクター連盟は、あなたのお財布の続く限りお薬の提供をお約束しますってか。
それに以前にも書いた通り、どーも欝の薬自体が欝を誘発するような作用があるんじゃねーの?とおいらは睨んでるっつーかそれ以外に考えられないんだけど。
薬によって本当の欝になった山田さんの手元にはあら不思議、茶碗一杯分の睡眠薬がががが。
いっちょ全部イッキしてみる?新しい世界にチャレンジしちゃう?
という最悪の地獄坂がエスカレーター方式に出来上がってしまう。
本当に欝のヤツってのは突発的に自分の意思で死にたがるのに、そういうヤツに死ねる薬を処方するとか狂ってんのは診断する側の方なんじゃねーのかと。

え?最近の睡眠薬は簡単に死ねない?
んな事は百も承知さ。
死ねるかどうかの事実よりも「いっぱい飲んだら死ねる」と大多数の人間に信じられていて、現に死なないまでもオーバードースで重大な害を齎す薬をいつODしてもおかしくねぇヤツにODできる量を処方する責任についての話だ。
たかが咳止めのリンコデには税金使って全薬屋に注意喚起のクソショボいPOPを配ってまで仕事してるフリしやがるくせに、当のそれよりもずっと危ない薬を扱う現場はどーなってんだっつー事だよ。

自分で欝を診断することが不可能な以上、怪しいと感じたら医者にかかるしか選択肢はない。
しかし、その医者ですら大多数がそいつが本当に欝なのかどころか、欝とは何なのかすら分かっていないのが現状だ。
それは人が他人の心を客観視できる術がない限りは不可能な事なので、それ自体は医者に全ての非があるとは思わない。
だけど、だ。
何だかよく分からん症状だからって自分でも何だかよく分からん薬を飲ませるのは医者のする事ではないだろうと。
医学が万能じゃない限り分からないことだって治せない病気だってあるんだ。
医学がこの先完成する事なんて有り得ない以上、未来永劫それは続くんだ。
「とりあえず出しておく」じゃあなく、「わかんないから出さない」という選択肢はないのかい。
それが決定的に患者の健康を損なう恐れのある薬なら尚更だ。
明確な副作用が知られているからと抗ガン剤を使うのをあそこまで躊躇うくせに、よくわからん欝薬はザルの如く出すというのは些か理屈に合わん事じゃないかね。
そんなもん医学の皮を被ったただのエセ科学じゃねぇか。
ホメオパシーと何ら変わり無ェ。
恥を識れ。

にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ
基本のキ。
原因を断てずして治療できるつもりでいるのか?
だとすればおいらなんて及びも付かないほど傲慢な話だ。
医学ってのはいつの間に1000年くらい進歩したのかね。

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
ブログパーツ
posted by 猫耳将軍 at 11:49| Comment(7) | TrackBack(0) | エセ科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
猫耳将軍さまはじめまして
私も現在うつらしきものを患っているのですが、通院そのものが大きな負担となっています
薬屋さんのお薬で何とか代用できないかなと思い検索していたところこちらを見付け、お邪魔させて頂きました
今はもうこちらの過去ログも拝見させていただき、薬屋さんのお薬では代用は利かないことは理解したのでご心配には及びません(笑

ところで、今回でも触れられておりますが猫耳将軍さまの“原因を断たなければ病気なんざ治るわけが無ェ!”という言葉には本当にハッとさせられました
ひとつかみもあるようなお薬を今まで何も疑うことなく飲んでいましたが、飲んでいるからこそ体調が優れないというのもなるほど心当たりが多々あります
だからといってポンと薬を止めるわけではありませんが、有名だからとわざわざ遠い病院に通うのではなく
もう少し色んなお医者さんに診てもらって色々な考え方を見てみようかと思います
その上で薬が少しでも減ればいいなぁ・・・と

本当にありがとうございます。
投票1ポチしておきます。
Posted by 霜月 at 2012年08月10日 12:51
また見る人によってはえらく反発されそうなネタですなw
精神科ってアンタッチャブルすぎて言いたいことがあっても口を出しにくいですはい
Posted by なたまめ at 2012年08月11日 15:29
>>霜月氏

どんな病気であっても、原因を取り除かずに「治る」ものは無いと思います。
つまり原因が何かすら考えずに投薬を続けるということはその人を薬漬けにすることに他ならない。
その原因が自然治癒によって無くなるものであれば対処療法は十分に理に適った選択ですが、鬱はそういうもんじゃねぇだろうと。
まして薬自体が大なり小なり身体に負担をかけるものであるならば尚のこと。
治る算段も立てずにのんべんだらりと処方されるのであれば、それは薬ではなく心身を死に至らしめる毒です。
Posted by 猫耳将軍 at 2012年08月14日 10:43
>>なたまめ氏

薬理作用がどーとかの話になったら付け焼刃では手が出せないですけどね。
おいらが記事にするのは最初から素人でも見れば分かることだけです。
身の程は弁えてますよwww

おいらなんかよりずーーーーーーっと頭が良い方々が、そんな素人でも分かるようなおかしい薬を出し続けている事の方が不思議でならないです。
今分かるのは、治らない患者なんて死ぬまでカネを吸い取れる上客ということだけですね。
Posted by 猫耳将軍 at 2012年08月14日 10:50
自分のことではないので細かいことはわからないけれど、最後の2行はそのとうりだね。
Posted by aiken at 2012年08月22日 16:59
ウツが薬で治らないということは、書いてはありませんがウツを治すのは代替医療ということですか?
もしそうだとしたら、それこそ恥を知るべきじゃないですか?
Posted by Mayer at 2012年08月29日 17:47
>>Mayer氏

おいおい落ち着いてくれ。
どこをどうミスリードしたら代替医療で鬱が治ると勘違いするんだ。
おいらとしては鬱だろうが何だろうが、原因を取り除かないで治る病気なんてねーよと書いているはずだぞ。
Posted by 猫耳将軍 at 2012年08月31日 11:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック