2013年12月28日

先生ェ!!素人と歌い手の違いが僕にはわかりません!!


季刊化がわりと冗談じゃなくなってきたこの年の瀬、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
昨年末は酒で、どうやら今年はカラオケについての更新となりそうです。
このブログ主旨とカケラほども関係ない内容でシメるというあたり、逆にいかにもこのブログらしいなぁと思うワケですが。

さて困った。
烏合の衆の中ではマシに歌える方と自分を評価しているが、専門的な訓練はおろかボイトレのボの字もやったことねぇのです。
声の出し方なども興味を持って調べてみたことはあるけど、どれもある程度環境が整った人がやるものであって、フツーの人間が自宅でんな事やったら強制退居の憂き目に遭いかねないものばかり。
結果、やってはみたいけどそこまで本気出すのも面倒くせぇなぁと。
ダメダメ人間の思考でここまで来たので、具体的なフィジカル面での技術は期待に添えないかと思うわけだ。

しかしまあ、そんな程度のへっぽこでもとりあえず精密採点でそれなりの点数を叩き出せてるわけだし、それなりに聞ける歌を唄うだけならんなもんノータッチでもできるよ、できてるよと。
なので今回は、あ、今回も上から目線で、しかし技術的な話には触れずに=特に練習を必要とせずに楽して歌えるコツとか、他人の歌を聞いてて「そんなんだから声出ねーんだよ」と思う所なんかをピックアップしてみたよ!よ!


まずとにかく最初にこれだけは。
よく負け犬が口にする言葉をざっくりと否定しておく。

「精密採点の点数は歌の上手さには関係ない」

んなワケねーだろアホか死にさらせ。
このセリフを吐いて良いのは高得点をコンスタントに出せる強者か、音程すらまともに取れない負け犬のどちらかだ。
この場合の強者の言う「参考にならない」とは、ただ音程を合わせて無駄に長い不要なビブラートをかけるだけで騙されて高得点判定を出してしまう採点システムの事を言っているだけだ。
つまり「音程を取る」ことと「長いビブラートを苦もなくかけられる」レベル以上の人間が言うことであって、音よれよれの下手糞が同じことを言っても鼻で笑われるだけだ。
だいたい採点で90点以上取るのに下手糞なヤツを見たことがあるか?
意識的にシステムを騙そうとしない限り、高得点を取る=歌が上手いと思っていい。
採点で測れない魅力的な歌い方は高得点を取れるようになってから身に付ければ良いだけで、最初から否定して良いものではないということだ。

じゃあそれを踏まえて、半分おいらの愚痴に近い歌うコツ、いってみよー。


1:自分の出せる最高音、最低音を知れ

これができなきゃ話にならない。
ドレミファソラシドでどのキーか?なんて難しく考えなくて良いから、ギリギリ歌える曲のその音の高さと低さだけは覚えておくべきだ。
簡単なことだけど意外とこれを考えずに曲を入れて、歌えずに途中で中止する奴が結構いる。


2:歌う曲はよく聞き込め

できればイヤホンやヘッドホンで1音単位まで。
音程が100%合ってればビブラートだのフォールだのが0回0秒でも80点以上は絶対に取れる。
よく知ってると思っている曲でもかなりの確率でそれは錯覚だ。
間違った音でいくら練習しても、間違った方向にしか上手くならないし、それは無駄だ。
歌詞を一切見なくても最後まで歌い切れるのが最低限のレベル。

3:好きな曲=上手く歌える曲とは限らない

1と2に繋がる話だが、好きな曲は聴く機会が多いため、必然的に音程の狂いが少ないことだろう。
しかし、自分の喉がその音を出せるかどうかは別の話だ。
もちろん、好きな曲を原曲キーでスカーンと歌うことができれば気持ち良いだろうが、その歌が自分の音程から外れていればそれなりに技術と努力が必要だ。


4:伸ばす音、切る音を曲調によって変えろ

同じ曲でも伸ばすと大まかにバラード・演歌調、切るとロック・ポップ調となる。
歌詞と雰囲気によって部分的に使い分けても良い。
厳密にはこれにしゃくりやフォール、ビブラートの広げ方などなどなどを混ぜ合わせて曲調を意図的に操作できるが、練習が必要。


5:腹式呼吸は大切だが、それに囚われるな

腹式呼吸が感覚で理解できないなら仕方が無い。
んなもんできなくても歌は歌えるし、もっと息をしようと吸えば自然となるのが腹式呼吸だ。
ロングシャウトでもしない限り気にする必要なんかないから、息が足りなければ意識してブレス(息継ぎ)の位置で調整しろ。


6:周囲の反応を気にするくらいならマイナー曲を入れんな

心理状態は横隔膜の動きにモロに影響する。
横隔膜がまともに動かないとロクな呼吸ができない。
周りが白けるのを怖がる程度の蚤の心臓なら最初からマイナー曲なんて入れんな。
「俺の歌を聴けェ!」とまで開き直れるヤツならその限りではない。


7:炭酸、酒はほどほどに

個人的には適度なアルコールを入れると音程が広がるんだけど。
人によっては声帯の筋肉が上手く動かせなくなって音が安定しなくなるらしい。
炭酸は胃を膨らませるので腹式呼吸=横隔膜の動きを邪魔する。
そうでなくてもゲップ我慢しながら歌なんて歌えんだろ。


8:有名曲は早めに入れろ

持ち歌が少ないならなおさらだ。
それに有名な歌なら周りもノれるから序盤の牽制的な空気の中でも歌いやすいだろ。
上司の十八番?知るかよそんなクソ上司。
戦場で他人を気にして良いのは自分の身を守れるヤツだけだ。
戦場に来といて弾をブッ放すのをもったい付ける甘ッタレなんざケツの穴2、3コ増やしてスッ飛ばせ。


9:無理な高音は出すな

よく言われる事だけど、正しい発声をしてたらどんな高音だろうがマジで喉は疲れない。
せいぜい長い音を出せば少し乾く程度。
疲れるっつー事は声帯を絞る筋肉の代わりに首の筋肉を使ったり、声帯じゃない所を摩擦させて音を出してるっつーことだ。
そんな音は一発限りの芸当で、その後はそうでなくても狭い音域がさらに狭まる一瞬のドーピングだ。
どうしてもやりたいなら最後の歌にしとけ。


10:採点するならラップはやめとけ

一番最初にも書いたように、伸ばす音は得点を稼ぐチャンスタイムだ。
逆にそれが少ないテンポの早い曲や、特にラップは高得点を出すのが難しい。


11:ガイドメロディやアシスト機能をフル活用しろ

アシストはともかく、少なくとも最新機種は選曲送信の時点でガイドメロディの強さを決めることができるはずだ。
アレが聞こえるのと聞こえないのでは難易度が段違いだ。


12:自分の曲が始まる前に、イントロ部分を口ずさめ

頭で理解できてる音がそのまま口から出ないから歌は難しいんだ。
どうせ誰かが歌ってる音で周りになんて聞こえてねぇから遠慮せずに音あわせしとけ。
最初の1音外すとリカバリしようとしてる間にAメロ終わるぞ。


12:立て!

座ってハラワタ骨盤に押し上げられた状態で腹式呼吸なんざできるか!
上半身が固定されてるとイキのいい発声なんてできねぇぞ。
どうしても恥ずかしければ最低限、足でリズムくらいは取れ。


13:マイクは水平に持て!

ロック系のヴォーカルがよくやってるが、あれはカッコ付けるためのやってるワケじゃねぇんだ。
マイクを水平に持つとヒジが少し上を向くだろ。
そうするとナチュラルに胸郭を大きく使えるようになるし、アゴも上向くだろ。
まともな呼吸も腹筋もできねぇヤツが下向いてまともな声が出るなんて思うな。



最後に、実も蓋も無いがくれぐれも、これらの話を全部守ろうとなんてしないこと。
無理だから。
どんなメンツで行くかによっても気を遣うべき部分は変わってくる。
気の置けない仲間内でカラオケ行くのにマイナー曲がどうかなんざ気を遣っても意味無ぇだろ?
必要な部分だけを自分で取捨選択して楽しく歌うがいいさ。
そうやってそれなりの点数が取れるようになる頃には、きっと今の自分の歌い方では満足できなくなるはずだ。
小難しい技術はその後で十分だし、もしかしたら歌いながら勝手に身に付いているなんてラッキーなこともあるかもしれない。
その程度で良いんだから、そう深く考えすぎないことさ。


【追記】
批判すんのにも多少の資格は要るのかね。
こんなもんが資格になるならいくらでもアップするさ。
2013y12m27d_221737398.jpg2013y12m27d_221755822.jpg

にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ
自分が楽しむのか、周りも楽しませるのか。
どっちもできれば一番良いんだけど、だいたいどっちかが犠牲になるんだよなぁ。

人気ブログランキングへ
ブログパーツ
posted by 猫耳将軍 at 22:12| 北海道 ☔| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど、あのマイクの持ち方にはそんな理由があったんすね
ふた昔くらい前のアイドル歌手なんかはリコーダーみたいな持ち方してるんすけど、あれはどうしてなんすかね?
Posted by 匿名希望たなか at 2013年12月29日 11:26
裏声ってどうやって出すの
Posted by kaz at 2013年12月29日 16:30
どんな苦労してるのかも知らねーくせに歌い手ディスッてんじゃねーよ、えらそうにいろいろ言ってっけどお前は90点とか余裕でいけるのかよ、本気で歌やってる奴らに素人が勝てるわけないだろばーーーーか
Posted by ろぼっぷ at 2013年12月29日 21:29
最近読み逃げばかりでゴメンなさい!

今年一年お世話になりました!
また来年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

さてと・・・
年末に来て、今年最後の猫耳将軍節が期待できるとは思いもよりませんでしたw
是非是非、盛大に!!!
Posted by ネーヤ at 2013年12月30日 11:48
リクエストにお応えいただきまして、ありがとうございます!
こういうのが、知りたかったんです
質問のしかたが不味かったかな、今からボイトレのやりかたなど、書かれても、やる時間はないよな、と心配でした
上手い人たちというのは、なるほどこういう事に気を付けているのですね
上司の十八番は、奪おうにも年代が違いすぎて…(笑)
Posted by ボッチ係長 at 2013年12月31日 15:40
>>匿名希望たなか氏
リコーダーwww松田聖子みたいなアレか?
まあ呼吸法さえマスターすりゃ多少の姿勢の悪さはどうとでもなっちゃう程度のものでもあるから、何とも言えないね。
Posted by 猫耳将軍 at 2013年12月31日 20:29
>>kaz氏
日常生活でもわりと裏声って使うもんなんだぜ。
女なんかは畏まって電話に出る時の声、猫なで声なんかは裏声使ってるヤツも多いし、一昔前に流行ったレイザーラモンHGのフォーー!ってアレも裏声だ。
裏声を出すだけなら難しくは無いけど、それを歌声にするのが難しいんだな。
そこらへんは練習と慣れで声帯の使い方を覚えていくしかないから、今回の主旨からはちょっと外れてしまうかな。
練習法をググってもピンとこないなら、細くてキモい裏声でもずーっと使ってるとだんだん歌声になってくるよ。
Posted by 猫耳将軍 at 2013年12月31日 20:35
>>ろぼっぷ氏
歌い手(笑)が本気で歌やってる?www
苦労???wwwwww
ちょっとどこの異次元のニコ動のお方なのかは存じませんが、もしも彼らが全力の本気の本気でやってるのであれば、そのうちの9割以上は早めに諦めたほうが自身のためでしょうね。
もちろん可能性を追うのは結構ですが、たとえ素人でもおいら程度のレベルならそれこそ掃いて捨てるほどいらっしゃいますし、90点だなんてひっくいレベルでどうこう言っているうちはプロなんざ遥か彼方ですよ。

これで画像アップできんのかな。

できてないんで追記でアップしときました。
Posted by 猫耳将軍 at 2013年12月31日 20:46
>>ネーヤ氏
こちらこそ、最近まともにコメントできず申し訳ない。
そして来年もよろしくお願いします。

あまりにテンプレ過ぎて釣られてる感が少々。
Posted by 猫耳将軍 at 2013年12月31日 20:49
>>ボッチ係長氏
むしろこちらこそこんなんで良いのかなーと心配でしたが、良かった。
空気を読まなきゃならんカラオケはめんどくせぇですが、仕事よりはマシだとでも思って頑張ってくださいまし。
Posted by 猫耳将軍 at 2013年12月31日 20:59
普通に曲探してるのにヘッタクソな歌い手()の歌ってみたがヒットするとイラッとくる
奴ら恥ずかしくないのかな
Posted by とりあえず at 2014年01月01日 20:58
スコア凄いですね
体を使って歌うことを重視しているようですが、そんなに違うものですか?
Posted by 蝿の王 at 2014年01月02日 19:43
おめでとうございます!
お久しぶりの更新、待ちに待ってました!

歌う前に
目玉のおやじの
「おい、鬼太郎」のモノマネも効果的です!
テレビでやってたのですが
旦那は効果絶大でした。
特に自分が歌が下手だと認識してる人は
最初に余計な力を入れて、力尽きて
コンディション狂う人も多いので
ちょっとした発声はリラックスの意味でもいいかも。
Posted by リリサ at 2014年01月03日 10:51
>>とりあえず氏
再生数稼ぎだろうけど、せめてタイトルに「カバー」とかくらい入れて欲しいですね。
プロアマ問わず、オリジナルに及びもしなければ色も無いくせにどの口が「カバー」だの「リスペクト」だの抜かしやがるのかとも思いますが。
Posted by 猫耳将軍 at 2014年01月09日 17:23
>>蝿の王氏
音の高低はともかく、大小や張りなんかは腹の中の筋肉が大きく関わっています。
姿勢を正すとどの程度声質が変わるのかは各々が一番理解しているのではないかと思います。
Posted by 猫耳将軍 at 2014年01月09日 17:27
>>リリサ氏
あの声を長時間続けると喉を壊しますが、ごく短時間やる分には体が筋肉の使い方を思い出させるのには良い手段かと思います。
筋肉の目を冷まさせる方法は他にも色々とあるので、何かひとつ自分に合ったやり方を覚えておくと良いですね。
Posted by 猫耳将軍 at 2014年01月09日 17:49
将軍様
明けましてどころか寒中見舞い時期も過ぎてますが何か?の恩知らずなBBAですこんにちは。
いつも薬学の知識()をパクリに()きとるのに、いきなり音声学的な話でババアびっくり。近所の有名な耳鼻咽喉科の医師()と音大教授()にアンタ声帯だけだったら最強だよ!!7オクターブ出ちゃうよ!!って言われた事があるけど、歌で仕事取れたことなんか一度もねーわ。
超絶巧い&何か(ご尊顔、話題性、コネちゃん含)を持ってる奴等がシノギを削ってる世界で私程度の気合の人間が仕事取れるワケねーてへぺろ♪
ってなカンジだったんですが、選ぶ方が何を勘違いしてくれたのか、事故か、若い男女しかいないはずの真っ当なオーディションの書類通過したんで、BBA久しぶりにオーディションに参加(7年ぶり3度目)してきます。
受かったらボルタレンのナレーションは私がrいや、
なんかプロが声の維持の為にやってるってことに個人差ありすぎな気が常日頃よりしてて、
マヌカハニーだの水しか飲まない主義だのかりん酒だの生肉食うだのアイス食わないだの焼酎がいいって人もいるし、
薬学的な観点から声帯維持の為に必要なことってのを、将軍様に是非聞いておきたいです。
Posted by 猫の耳は福耳 at 2014年01月31日 12:03
>>猫の耳は福耳氏
つまらない話になってしまいますが、兎にも角にも傷を付けないこと、これしかありません。
「〜を食べる」なんてのは全てプラセボです。
表皮の維持に必要なだけの栄養素が不足さえしなければ声帯という部位の維持には全く関係ありません。
それ以前に声帯の本当に震える部分に飲食物が触れることはあまりありませんし、もし触れるにしても僅かでも酸やアルカリ、または浸透圧が偏った飲食物が粘膜である声帯に接触することがプラスの働きを齎すはずがないことは、誰でも日常的に理解できているはずです。
もし感覚的に理解できないのであれば、その良いとされるモノを少しだけ鼻から吸い込んでやればいいだけの話です。

ただし、これが声帯とか関係なく「より声が出るようになる方法」となると、それこそおいらのように酒を飲むことで声域が広がるヤツもいれば逆に声帯を上手く使えなくなって裏返るようになるヤツがいたりと十人十色です。
これは喉の使い方が人によって微妙に異なる為に起きる齟齬だと思われますが、そこらへんの微妙な感覚を否定することはおいらにもできません。
ただし、アルコールが粘膜に好い影響を与えるはずがないことからも、声帯を維持する方法=声帯を上手く使う方法ではない事は確実です。
Posted by 猫耳将軍 at 2014年02月04日 19:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/383815552

この記事へのトラックバック