2014年08月16日

某弓兵「別にビオフェルミンをヤクルトで飲んでしまっても構わんのだろう?」


今回の記事に至る経緯はこちらを参照

いいもん。
こうなったら矢尽き刀折れるまで擁護してやるもん。
えーっと何だっけ?恥の上塗りすればいいんだっけ?
違う?乳酸菌を一日数百億ぽっち摂取して何かスゴそうな事になるように説明すればいいのかな。

えー、読者の皆々様におかれましてはご機嫌麗しゅう。
今回の記事の楽しみ方と致しましては、以前から何度か質問に挙がっておりました
「そんなに薬に対して本心ではボロクソでどーやって薬売んのよ?」
という質問に大変不本意ながら記事という実践を通してお答えする形になりそうです。
乳酸菌大好き!という信者様に於かれましても、また、乳酸菌?ペッ!という懐疑派の方に於かれましても
猫耳が普段どうやって壷や絵、もとい、本心では糞味噌に貶している薬を売っているのかをお楽しみ頂きながら読んで頂ければ幸いにございます。

さて今回は端から負け戦、戦い方や体裁を気にする必要もあるまい。

乳酸菌を否定するヤツらが決まって言うことが一つ。
「体内にはだいたい100兆個の菌がいるよ!」
「そん中に数億ぽっちの乳酸菌を投入して何か違いあんのかよ!」
ここから切り崩そう。
いくらビフィズス菌が有名だからって、腸内100兆が全部ビフィズス菌なわけあるめぇ
ビフィズス菌について話してんのに、いくら細菌叢で全部で一つだからって関係ない他のヤツらまで出して比較すんのはフェアじゃねぇよ。
まずはwiki先生から取り出しましたるこの図を見よ。
Fecal_microflora_compos_ja.png
ここで見るべきは乳幼児やジジババなんて特殊な所じゃなく20-64歳群。
これによるとウンコ1gに対して平均470億個くらいの菌が含まれているそうな。
ちなみに細菌量は固体人種、主食によって数百億は平気で増減するもんで、ウンコ1gあたり100億〜1000億個とすげー幅がある。
470億っつーとちょうどその平均を算出した数値なんだろう。
そのうちビフィズス菌は何個だ?
正確な数は分からんがグラフからすればせいぜい70億個くらいのもんだ。
菌の数が多ければビオフェルミンにとって不利だっつーなら最大限不利な方でこのグラフの2倍で考えようか。
それでもビフィズス菌類は多めに見積もって150億個程度か。

ところでこのまことしやかに信じられている「100兆くらい菌がいる」説
まさかヒトが死んだ瞬間に腹をばっさりかっさばいて大腸と小腸をズルッと引っ張り出してギューっと絞ったわけでもなし。
どーやって算出した数値なんだ?
探し方が悪いせいか総量が100兆以上という話は数あれど、それをどこの誰が、どうやって導き出した数値なのかが終ぞ見当たらなかった。
もしソース知ってるヤツがいたら誰か教えてちょ。
見当たんないからおいらがざっくり予想する。
ウンコはせいぜい一回に200gくらいだが、腸内容物は大腸だけでも2kg程度はある。
なら1gあたり1000億×2000gで100兆っつーそれっぽい数字になるんじゃねーの?

さらにwiki先生によると
小腸上部:内容物1gあたり約1万個
小腸下部:1gあたり10万-1,000万個
大腸:1gあたり100億-1,000億個
だそーだから、やっぱ小腸部分は誤差範囲内で、菌の数に関しては無視できるって事だ。
つまり、ウンコの菌構成比は大腸内のそれに極めて似通っていて、大腸内のビフィズス菌数は大腸内に15%くらいはいるんじゃねーの?
という仮説に行き着くわけだ。
ほら、100兆個なんてすげー事言ってたけど、たったこれだけで比較対象が15兆個まで減ったぞ。
で、ヤクルトBLに含まれる菌は一回分で70億個?

             15兆VS70億の大決戦!!

・・・一人頭2100人とちょっと殺れって?
おい、どーすんだよこれ。
KOEIの無双シリーズならわりと余裕な数字が出ちまったじゃねーか。
彼我の戦力差を勝手に誤認して勝てません!って、そんな無能が指揮官ならそりゃ戦う前から負けが決まるがな。

分かってるよちょっと皮肉りたかっただけだよ。
戦う前提で一人頭2000人とか書いたけど、ウンコ内の菌が一振りでワーと吹っ飛ぶ雑兵でなければ、BLの乳酸菌が呂布や幸村やアムロという訳でもない。
そして「うっはw相手は100兆個ww無理ゲーww」
と勝負を投げている諸兄方もまるっきり無能な指揮官というわけではない。
この場合の1個は平均化された1個であり、そこに固体の戦力差が無い以上は一騎当千こそ無茶な話で、2000個VS1個っつーのは依然として如何ともし難い差だ。
この牙城をさらに切り崩さなければおいらがダイソーで買った壷をウン百万円で売ってウハウハする夢も潰えるのだ!

っつー事で、おいらの夢のためにもまずは彼我戦力差を地道に削ろう。
まずヤクルトBLを1包だけ飲んで効くわけないじゃないですかーwwwやーだーwwwww
っつー事で一日あたり3回、これで210億個。
んで一日だけ飲んで効くわけないじゃないですかやーだーwwww
だからある程度の期間飲んでくださいっつー話だ。
ちなみにヤクルト社と明治社のデータによると、4週間飲み続けた結果、菌量に関してピークが見込めたのは共に4週間目。
つまり一ヶ月間というスパンに限った話ならば連用すればする程効果が見込めるという事だ。

さて次。
@「もともと腸内に住んでない菌をブチ込んでも全部抜けるんじゃねーの?」
A「せっかく菌を入れてもそのままウンコで出たら意味ねーじゃん」
B「だから飲まなくなったら効果無くなるんじゃねーの?」
ここはちょっと素面に戻って否定させて貰おう。
おいらがいま恣意的に、あえて本音ではなくヤクルトBLを擁護しようとしているのを差し引いてもだ。
こんな理屈にもならない話を真面目に吐かしているのなら、それは今おいらがしている、意図的に不利を隠し矛盾に満ちた虚構と同レベルの話をしていることになる。

まずカゼイ菌やブルガリア菌はともかく、ビフィズス菌は実際に大腸内に住んでいる
つーかカゼイ菌も小腸には住んでいる。
住んでいない菌を加えても意味が無いと言う論は、裏返せば住んいでる菌には何の反論にもなっていない。
これで@の前半は相手の属性を一方的に決め付けて仮定で否定する何の意味も持たない言い掛かりに成り下がる。

次に@とAの菌が結局は全部抜けるという反論。
こんなもの証明のしようが無い話だが、感覚的には恐らく正しいのだろう。
そうでなくとも菌なんざ俺屍やピクミン以上にとんでもねーサイクルで生まれて死んでを繰り返す生物群だ。
それが基本的に毎日排出されるウンコとその通り道という過酷な環境に住んでいるのだから、寿命を全うせずにサヨナラする率もさらに高いだろう。
だがそれがどうした。
そんなもんもともと住んでる菌でも入ってきた新参の菌でも同じじゃねーか。
結局どっちも天寿全うしてせいぜい一週間、運が悪けりゃ生まれてそのままサヨナラだ。
腸内の菌がすべからくウンコで流れる可能性を孕んでいるのに、その可能性を経口摂取の菌にだけ適用するのはアンフェア通り越してキモい。
摂取する菌を染色でもして、それが翌日、翌々日のウンコにどんだけの個数と割合で混じってるか実験したヤツなんていんの?
ウンコに混じってる菌が昨日飲んだヤクルトの菌だっつーなら、最低でもその程度のソースくらいあるんでしょ?

でも実際のところやったのは、飲んだあとのウンコには飲む前のウンコより沢山の菌が入ってる!
そしてその菌の大きさの平均は飲む前より大きいものが多いから、その大きな菌は死んで破壊されたものではなくて生きてる菌だ!
その程度のもんでしょ、くだらねー。
それって、大きな菌が多ければ多いほど生きて届くことの証明、もしくは大腸で元気な菌が増殖なりして増えてることの証明でそのままどストライクでブーメランですしー。
だいたい届いた菌がウンコとして排出されないだなんて非科学的なことだーれも言ってないですしー。
それに腸に入ってブリッと出るまで間の菌の働きは無視すんの?
菌って環境を作る生き物だし、摂取された菌の単純な仕事量でさえ現状の科学じゃ算出できないのに。
同種の増殖に適した環境を作ることなんて考慮に入れた?
上の大雑把な計算を引き合いに出すけど、一日三回飲んだら単純計算で1/700増えるんだぜ。
全部は生きて届かないだろうけどさ。
そしてその1/700はそのまま固定じゃなく、菌なんだからそこからネズミ算以上に増殖すんだぜ。
その間にも次の日にはまた1/700追加だぜ。
そいつらも、前の日に入って来た生き残りもまた増えるし、増えやすい環境作っちゃうし。
そういう利子に利子が乗る雪だるま算を想像すらできないヤツって、余計なお世話でしょーが菌の働きを心配する前にまず財布の中のクレカにハサミ入れる方が先じゃないかって心配しちゃうんですよ。
億とか兆とかケタ数多すぎておつむの機能が追い付かねーなら「なんか計算追いつかないからボク否定する!」じゃなくミクロ化して考えるとかちったぁ工夫しろよ。
菌100コの集団と10000コの集団の増殖加速度比が100倍で済むワケねーだろ。

そーしーてBばーん。
飲むのやめたら効かなくなる?
は?ばかじゃねーの?死ぬの?
だから毎日、ある程度の期間連続して飲めっつてんじゃねーか。
だいたい飲むのやめても効き目はそのままの薬が世の中にどんだけあるっつーんだよ。
いったいどこの誰がビフィズス菌が体質そのものを変えるスンバラスィお薬です!なんて言ったよ。
それはそれで自然志向だの化学アレルギーだの無理矢理漢方推しだのの有象無象の阿呆が本当に言ってそうで頭が痛くなるけど。
ヤクルト飲むのやめたらその成分の体内供給がカットされて、代謝されて濃度が薄まり、効果が無くなる。
これって薬やサプリメントとしてそんなに特別におかしいことか?
ヤクルトをイブやパブロンに置き換えても全く同じく通用する文章なのに、何でヤクルトだけそれじゃあダメなの?

これで三丁あがりでいい?
三つとも机上論だけど、そもそも否定の方からして決め付けと仮定の上に建てた机上論なんだから別に良いよね。
実験を伴わない机上論だけで破綻する程度の否定なんざ屁のツッパリにもなんねーって。
むしろ他にも言い逃れできない突っ込み所なんていっくらでもあんのに、何でまたこんな返しの簡単な噛み付き方すんだろうね。

結局どっちも真実の究明なんざどーでもイイで、自論の信憑性を持たせることを最優先し、そのために真実とは異なる、それでいて万人に一見理解しやすいウソをその理由とする。
メーカーが、まるで「腸に生かして届かせるから効果がある」とミスリードさせるのと、否定論者が「生かして届けても定着しないから効果なんてない」と言うのってどっちも同じレベルで阿呆な話なんだよね。
ぐうの音も出ないほどの真実は存在しているのに、それじゃあ一般人には理解も支持もされないから、ウソや間違いでもいいから耳障りのいい、またはキャッチーな論で人を集めるだけ。
見せ掛けだけの否定や肯定なら、本心とは違ってもこのくらいスラスラ出るよ。
一番痛い所は自分が一番分かってるんだから、すり変えて話から逸らして、都合のいい所を声を大にして騒ぐだけ。
ぶっちゃけどっちも間違ってるしどっちも同レベル。
カネや儲けの話を抜きにして、両方の論者が文字通り大腸まで「ハラ割って」話せば双方の落しどころなんてもうすぐ目の前に転がってるだろうにねぇ。
学問の進歩よりすぐ近くにカネや名誉が転がってるのが問題なんだなこれは。

あ、何度も書いてるように、今回の記事は不利なところは意図的に隠した恣意的な話なので、まるまる全部信じないでね。
この記事を見るうちにビフィズス菌ってスゲー!と丸呑みできちゃうヤツは絵や壷を買わされる危険性が大なので気を付けてくれ。
あと、間違い探し的にコメントで突っ込んでくれるのもいつもどおり歓迎。
むしろわざわざ用意したポイントをちゃんと全部突っ込んでくれるか楽しみだ。




人気ブログランキングへ

ブログパーツ

つーかここまでマジになって数値を出してもさ、個体差によって平気で10倍も誤差出る数値を相手にしても意味ねーじゃんとか、誰か考えなかったのかね。
イモやバナナを主食にするヤツらのウンコ量って一日で1kg行くヤツだっているんだぜ?
そんな明らかにウンコ構成比が非水溶性繊維に偏ってるよーなヤツにまで平均だーっつって1gあたり500億なんて適用すんの?
ヤクルトBLの菌量だってそう、ウンコ菌量を最大の1gあたり1000億個に合わせたから最大の70億個にしたけど、あれだって7000万個〜70億個っつー100倍のバラつきがあるんだぜ。
そんなバラつきを最大限有利に適用したらそれだけで1000倍もの差が埋まる、そんな数値にマジになってどーすんの。
posted by 猫耳将軍 at 15:27| 北海道 ☔| Comment(15) | TrackBack(0) | エセ科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
続きワラタwwwwwwww
Posted by 伶人 at 2014年08月17日 22:06
タイトルの話は盲点ですね。
生きていても1億10億100億がダメなら1000億とか1兆とか、併用はどうなんでしょう。
この手の話って否定する人の理由が数の大小だったり生死だったり包括的にだったりで、対個人で話をするのと全方位に話をするので難しさが桁違いなんですよね。
それだけ怪しい箇所があるとも言えちゃいますが、一気にカタをつけるのは難しいですよね。
Posted by なたまめ at 2014年08月18日 15:36
ありがとうございます。個人的には後半〜続きだけでも良かったのですが。

ついでに切ってもらえるのなら、カプセルの乳酸菌サプリって、どうなんでしょう?
理屈的には小マシってことになるんでしょうか?
Posted by simose at 2014年08月19日 13:02
さらなる恥の上塗げふんげふげふ解答編はあるのでしょうか?
続きに書いてあることすら読んでるだけじゃきずけなかったくらいなので他のつっこみどころがわかりません!
Posted by 瓦礫煉瓦 at 2014年08月19日 17:16
わざと偏って書いてると言われてもどこが変なのかわからないっすね
おさわりまんここっす
ラッセンの絵売り付ける人がいるっす!

前の記事のコメントに書いてあるリンク先も全部読んでみたけど、つまるところは数が少なすぎるのがダメなんすかね?
そうだとしたらアチャ子さんが言うように複数をまとめて飲んで兆単位でぶっこめば効くという話になるんすよね
そうではないなら、否定にしろ肯定にしろ数について話すことからして無駄ということになりそうな
Posted by 匿名希望たなか at 2014年08月21日 18:19
季刊だから次の記事は秋だろうな・・・と勘ぐった時に限って更新されるw
メール復活されたんですね。
送ってみましたが届きましたでしょうか。
Posted by 雨棒 at 2014年08月22日 12:41
>>なたまめ氏
どんなに気取っていても、結局のところは2chで名無し達がバトルロワイアルを繰り広げてるのと同じ構図なんですよね。
例えば今回の話の論点は「乳酸菌が効くかどうか」ですらない。
生きているかどうか、生きて届いたらどう働くか、その数は?種類は?そもそも死菌って腸内で死ぬのと酸で焼かれて届くのとで働きは違うんじゃね?品質は?
・・・・エトセトラ、エトセトラ。
条件次第で部分的に容認するヤツもいれば、生きて届きさえすればオールオッケーのヤツもいる。
これらの複合条件項目がすべて一致しているヤツなんていないにも関わらず、部分部分で議論なんつー無駄な事を繰り返し、本当にそんな事主張してるヤツが存在するのかどうかも分からない複合条件を勝手に定義付けて肯定否定煽り合い。
こんな事何十年やっても全員が納得行く答えなんて出るワケないし、今回の記事のように都合のいい一見正しそうな話を丁稚上げるのがどんなに簡単かは見ての通りです。
Posted by 猫耳将軍 at 2014年08月24日 17:22
>>simose氏
煽りと受け取らないで欲しいのですが、カプセルに入ったからって錠剤と何か条件が変わるのでしょうか?
小マシどころか何も変わらないと思いますです。
Posted by 猫耳将軍 at 2014年08月24日 17:26
>>瓦礫煉瓦氏
書いてあることは全部本当のことだけなので問題はないのです。
突っ込んでくれというのは、意図的にボカした部分をどれだけの人がおかしい!と感じてくれるかなーというだけのことで、それをおいらからバラすのは、駄洒落の面白い部分を自分から説明するようなもので非常に恥ずかしいので勘弁して下さい。
Posted by 猫耳将軍 at 2014年08月24日 17:30
>>匿名希望たなか氏
ここまで返信していてふと思ったのですが。
みんなもしかして「ウソ」を探しているのではないですかね。
もしかしたらおいらも意図せぬ間違いはあるかもしれませんが、ウソはどこにも書いたつもりはないのです。
ここは一つディスカッションでもする想定で、仮に自分の主張と違ったとしても相手方の視点に立って考えてみれば、ここまで脆い理屈なんですから
「ここは突かれたくないな」とか
「だからココはその話にならないようにぼかしているのか」
とか気付けるんじゃないかなと思います。

>そうではないなら、否定にしろ肯定にしろ数について話すことからして無駄
条件付きですが大いに賛成です。
数について論じて、数に意味がないと結論付けてる人に限って数についての話を引っ張るように感じます。
Posted by 猫耳将軍 at 2014年08月24日 17:49
>>雨棒氏
天邪鬼なんですすみませんorz
メールは確認して返信しましたが逆に届きましたでしょうか。
転送しつつサーバに履歴を残すような処理は初めて自信が無かったので、送信しましたコメントは助かりました。
Posted by 猫耳将軍 at 2014年08月24日 17:55
いま騒がれているデング熱については書かれないのですか?
みんな不安がっているしいいネタだと思うんですが
Posted by BBA at 2014年09月08日 14:40
>>BBA氏
デング熱はあまり意欲が湧かないネタなんです。ごめんなさい。
wiki以上に語ることも無く、むしろ何故いまここまで騒がれているのかがイマイチ見えて来ない。
デング熱で調べると上位に出てくるアホな陰謀論ではなくとも、何かかんかはありそうだなとは思います。
Posted by 猫耳将軍 at 2014年09月13日 12:02
お久しぶりでございます。
おばちゃんにとってヤク×ト(なぜ伏せ字)って
たまーに飲みたくなるアレでしかなかった。今鶏肉でアツい
ケンタッ×ーなんかと同じカテゴリね。たまに摂取したくなるっていう。量も絶妙だし。
ヤクルト1リットルサイズってネタ、昔吉田全車種が描いてたなあ。
おばちゃんはひたすら文系の頭で茶ァで薬飲んでいいのか、飲むとしたら麦茶か緑茶か紅茶かはたまたジュースか
薬飲む前に牛乳で膜を作れとか主張する奴ありゃなんだとかひたすら検証するだけです。
Posted by 猫の耳は福耳 at 2014年09月30日 20:20
>>猫の耳は福耳氏

ケンタといえば国産ハーブ鶏を謳っていますが、ウチのスーパーにも完全国産を謳う鶏ブランドがありまして。
先の緑腐肉事件の影響でそりゃもう色んな質問ご意見が乱れ飛びましたよ。
曰く、鶏の卵まで国産か?
曰く、何代前まで国産鶏なのか?
曰く、中国から流れてくる黄砂は間違いなく摂取していないのか?
曰く、他に貴様の所で扱ってるモノで中国が関わっているモノを全て仔細にレポート化せよ云々諌々。
挙げ句に中国産の肉食ったら腹の調子がおかしい、なんかギュルギュル音がする。
はい快腸でございますね、そんな方には毒にも薬にもならないビオフェルミンがピッタリでございますわよと。
Posted by 猫耳将軍 at 2014年10月06日 18:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック