2014年07月14日

【商品紹介】オリヒロ 特保ぷるんと蒟蒻ゼリー【5gの価値は】


承認3ヶ月以内だからギリで新商品!!
ということで紹介。

オリヒロ:『特保』ぷるんと蒟蒻ゼリー


『特保』がミソ。
実はほぼ同名の「ぷるんと蒟蒻ゼリー」という商品も普通に発売されている。
単価が安く利益率もまあまあなので、その辺のスーパーやドラッグストアのレジ付近に釣り下がっているのを見知っている人もいるはずだ。
これに難消化性デキストリンの特定保健機能をくっ付けて発売したのが『特保』ぷるんと蒟蒻ゼリーだ。
まったく紛らわしいことこの上ない。

名前が紛らわしい上に見た目も紛らわしい。



こんなん同一商品がパッケージリニューアルしたようにしか見えんがな。
しかし売価は約2倍と、こんなところで差別化図らなくてもいいじゃねぇかプライス。
ちなみに味もほぼ変わらず?
通常品のほうが液体部分が多くて、トクホのほうが蒟蒻っぽい感じではあるけどそんだけ。
味は十分に美味しいし、これで難消化性デキストリンが5gだってんだからコーラやお茶よりお手軽ではあるだろう。
ちなみにトクホコーラは500mlで5g。
回数にして五回前、時間にして約一年前(!!!?)に紹介した大正のグルコケアは1回分で4.4g。
同条件下で純粋な難消化性デキストリンいくら摂取したらどのくらい効果があるか?なんつーデータが公開されていない(≠無い)以上、製品含有量あたりの効果で推し量るしかないのが気に食わないが
まあ効果を見込んで飲みたくもないコーラ500mlをイッキするよりはずいぶんマシなんじゃないかなとは思う。
恐らくは美味しく摂取しながら健康になるというコンセプトのトクホ食品を、マズい薬をイヤイヤ服用するかのような見方する時点で我ながら思うところはあるががが。

さて、高いけど美味しいこのオリヒロ『特保』蒟蒻ゼリー。
褒めるだけではどーしても満足できないのがおいらの悪いところで。
ここまでどいつもこいつも難デキ押しだと、今までスルーしてた気に入らないところを叩きたくなってしまう。
いや、いい商品なんだよ?
劇的な効果は無いけどそんなに悪いところも無い、毒にも薬にもならない感じなんてそこらの新聞広告なんかよりは100倍マシ。
いちおー臨床試験に基づいた効果しか謳ってないんだから可愛いもんだよ。
血糖値だってがりっと上がるよりゆるやかに上がったほうが良いに決まってるんだし。
だからこそ気に入らない。

悪い所が無いとついさっき書いたばかりだが、あれは嘘だ。
どうせどいつもこいつも難デキ摂取すれば痩せると思ってんだろ?
それは正しいが大きなミステイク、その考え方こそが最凶最悪の死に至る副作用だ。
難デキ摂ってるからって高血糖高カロリーの食事が良いワケねーだろ。
そこまでの罪がある訳ではないから同列には語りたくないが、病態を改善する意思を妨げるという点ではホメオパシーとよく似ている。
ホメオパシーは勘違い「させる」ものであるのに対し、難デキは勘違い「する」ものであるだけだ。
正しく認識して摂取する分には何の問題も無いが、正しく認識させる努力を企業がやっているか?と考えると絶対にノーだ。
そう考えるとやっぱり気に入らねぇ。

以前どっかで読んだ、たぶんメリケン人のコラムによると、先進国の人間ってのは一年間でせいぜい600kgくらいしか食ってないそうだ。
でも、カロリーやバランスなんて気にせずに三食食いたいだけ食うと、その量は平均750kgまで跳ね上がるそうだ。
ソース?覚えてねーよごめんねー。
でもまあ750kg÷365日÷3回≒680gでそれっぽい数字だ。
まあこれが小食で500gだろうが三食次郎のW豚で2キロ超えてようが構わん。
詰まるところ食品で儲けようとするっつー事は、この限られた人間一人あたりの限界量っつーパイをどうやって切り分けるかという事になる。
この680gをポテチで埋めると約12袋分で800円くらい?
貧乏人御用達の業務用パスタなら200円切るだろう。
地域によって違うだろうが、近くのスーパーだとメイクイーンは700gで198円だし
同じパスタでもスイーツ御用達の店に行って680g食おうと思ったらヘタすりゃ5000円は飛ぶ。
言わんとしてる事が分かるだろうか。
ポテチはポテチだから200円のものを800円で売っても許されるし、パスタは店で食う方が美味いから同じ小麦粉でも10倍以上の価値が付くんだ。
トクホも健康食品もそう。
最近やたらと希少糖なんつー謎の物体が持て囃されてるだろ?


こんなやつ
これだってキロ200円そこそこの上白糖っつー大きさの決まったパイのグラム当りの値段をどーやって吊り上げるか、偉い馬鹿が無い知恵絞って考えた戦略の一つだ。
そりゃ蒟蒻ゼリーも2倍の値段になるさ。

食べるだけで痩せる。
この大きな誤解を解く気が無い理由って、パイの値段を上げることはもとより、今のパイの限界量である600kgっつー大きさを変えようとしてるんじゃねーのかな。
おいらの勘繰り過ぎかね。

にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ
間違いなく売れるだろうからババーンと展開したいんだけど賞味期限短すぎてあまりはっちゃけた量の発注取れないジレンマ。。。
人気ブログランキングへ
ブログパーツ
posted by 猫耳将軍 at 21:50| 北海道 ☔| Comment(27) | TrackBack(0) | 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

【商品紹介】大正製薬・リビタシリーズ【毒にも薬にも・・・】


いつの間にか、今年もリビタのよく売れる時期が来た。
月間指数にして平常時の3倍とちょっと、つまり年間通して8、9、10月のたった3ヶ月で一年間の半分以上の売り上げを作ることになる。
個人的に売りたいかは別にして、この時期に多少無理してでもリビタシリーズの売り場を作らない競合店には色々と負ける気がしない。

一方で、買う側がリビタシリーズを理解して買っているとはどうしても思えない。
「血圧が気になる方に!!」とかいうでかでかと目立つPOPに引寄せられて買ったものの、それがどのようにして血圧に働きかけるのかは解らないのだ。
あまつさえ、すでに処方されている薬をシカトする輩までいる始末。
発売元である大正製薬自身が消費者に理解させることを諦めているというのが大きいだろうが、理解できないモノに自らの健康を丸投げするのはいかがなものだろうか。
しゃーないからささやかながら、代わりにリビタシリーズがどういうモノなのか、説明しようということに相成ったわけだ。
ググってみるとリビタシリーズってアホみたいに沢山出てるみたいだけど、今回説明するのはメタボ対策の5種類。
つまりグルコケア、コレスケア、ナチュラルケア、ミドルケア、ファットケアの5種とさせてちょーだい。


・グルコケア粉末スティック
関与成分:難消化デキストリン


リビタシリーズ全てに言えることだが、味は非常によくできている
デキストリン由来のごく僅かなとろみ以外は粉末緑茶と遜色が無い。
デキストリンってのは大雑把に言うと食物繊維だな。

多くの人が勘違いしているだろうが、決して「血糖値を下げる」ものではない
血糖値の吸収、ひいては血糖値の上昇をおだやかにするものだ。
食事によって摂取された糖分は小腸にて吸収されるのは小学生で習う理科の通り。
そうすると血中の糖濃度が高まり、それを下げるために膵臓が頑張ってインスリンを出しちゃうわけだ。
一連の流れはモノを食べるたびに起こる反応ではあるけど、このときに急激に血糖値が上がるほどインスリンも大量に放出されるんだけど
一気にドバッとホルモンを出すのはもちろん膵臓の負担になるし、大量の糖は糖化反応を引き起こして体内組織の破壊にも繋がる。

難消化デキストリンとは、この食物に含まれる糖の吸収を阻害して、急激な血糖の上昇を抑制させるための成分だ。
さらに通常だと小腸の序盤で急激に糖が吸収されるのだが、難消化デキストリンによって小腸全体をまんべんなく使われることによって一部の便秘や下痢をある程度予防するという副次作用もある。


・コレスケアキトサン青汁
関与成分:キトサン


キトサン自体は十年以上前から健康食品として色々なダイエット食品に配合されているので、名前だけは知っている人も多いかもしれない。
このキトサンは直接コレステロールに働きかけるのではなく、少し回りくどいメカニズムのため、知名度に反してよくわからん成分だと思われる。

肝臓は血中のコレステロールから胆汁酸という消化液を作る。
これを十二指腸から放出し、脂肪の消化吸収を助けるのだが、小腸では胆汁を再吸収し、リサイクルされることになる。
このときキトサンは胆汁酸と結びつき、胆汁酸をリサイクルさせずに便として排出させる働きを持つ。
リサイクルされないということは肝臓はまた血中コレステロールを消費して胆汁酸を作ることになる。
つまり、胆汁酸の再吸収を妨げることはコレステロールの消費に直結するということだな。
エビやカニの甲殻から生成しているため、アレルギーには注意が必要だ。

・ナチュラルケア粉末スティック
関与成分:γアミノ酪酸(GABA)


GABAは脊椎動物の中枢神経に存在する伝達物質。
外部環境からのストレスによる交感神経からのノルアドレナリン分泌を抑えることにより血圧を下げることを目的としている。

・・・と、されているのだが。
これはあくまで中枢神経系での働きだ。
実も蓋もない話だが、飲食物として摂取したGABAは血液脳関門を突破できない物質であることが判明している。
中枢神経に辿り付けば何らかの反応をもたらすはずだが、そもそも辿り付けない物質と言うことだ。
大正製薬はプラセボ群との降血圧効果を示す臨床試験結果を提示はしているが、その差は最高、最低血圧共に5程度。
さらに、プラセボ群がプラセボとして使用した粉末飲料にも疑問が残る。
今回紹介する5種のなかでは一番胡散臭いという評価を下さざるを得ない。


・ミドルケア粉末スティック
関与成分:モノグルコシルヘスペリジン


ヘスペリジンとは柑橘類の皮に特に多く含まれる抗酸化物質の一種で、またの名がビタミンP
消化によって吸収された糖はやがて脂肪酸となって肝臓に貯蔵されることになるのだが、脂肪酸となってしまうと糖に比べて消費が非常に難しくなってしまう。
さらに脂肪酸の酸化が進むと中性脂肪となりこれが血中に放出させることによってVLDL値が高くなるという寸法だ。

ヘスペリジンは、このグルコースが脂肪酸になる反応を防ぐと同時に、脂肪酸を消費する反応も補助するとされている成分。
これらの働きは運動などの代謝とは別に行われるため、スイーツ共が大好きな「食べて運動せずにやせる!」という非常に魅力的な謳い文句に繋がることになる。
そりゃ脂肪酸の消費も高めるのだからすごーーーく厳密に言えば「やせる」とも言えなくもないのだが・・・。
臨床試験結果を見るに、やせる効果は数週間で数グラム程度なんじゃないのかぁ。
大正製薬もミドルケアで「やせる」的な効果は謳っていない。


・ファットケアスティックカフェ
関与成分:マンノビオース


青臭いものが続いたがトリはコーヒーだ。
コーヒー豆に含まれる食物繊維を加水分解することによって作られるコーヒー豆マンノオリゴ糖。
こいつが小腸での脂肪の吸収を阻害することで、脂肪を便中に排出させるという至ってシンプルな方法だ。
食べたものを吸収させないという性質上、脂っこい食事を摂らない時に飲んでもあまり意味が無い
既にある脂肪に働きかけたりはしない以上、これを体脂肪減少効果とは呼ばないんじゃ・・・。
とはいえ、好みもあるだろうが紹介した5種の中では一番おいしいよ。

余談だが、大正製薬はこのコーヒーと代替糖のパルスィートのセット商法を目論んでいるそうだ。


とまあ、こんな感じ。
ほんとーに科学的な根拠&誰が見ても分かる有意差があるのはグルコケアとコレスケアで、あとの3つは主観的な変化を根拠にトクホに押し込んだようにしか見えんのだよなー。
それで認可しちゃう国も国だけど。
消費者庁に医薬的なコトを担う能力なんざあるワケねーんだから、さっさと薬事法管轄下に置けばいいのに。
肝心のリビタについては、悪くは無いんだけど、30回分で約3000円の価値があるか?と言われるとおいらはちょっと手が出ない。
おいらの倍の年収があって、健康診断の結果に赤いところがあるなら、まあアリなのか?という程度だ。
うん。
年収倍あったら考える。
今の年収が倍になるころにはきっと健康診断でいろいろ引っかかる歳になってるんだろうなー。
あーヤダヤダ。

にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ
すっかり月刊更新になっちゃってまあ・・・。

人気ブログランキングへ
ブログパーツ

posted by 猫耳将軍 at 22:43| 北海道 ☔| Comment(14) | TrackBack(0) | 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

【商品紹介】大正製薬・ナロンメディカル【欺瞞と詭弁】


今年の4月くらいにとある薬が区分変更され、ドラッグストアでも販売できるようになる。
名前をナロンメディカルという。
名前からして分かるだろうが、大正製薬から発売されているナロンエースシリーズの末っ子だ。

ここでステマ紛いの紹介をするからにはちゃんと理由がある。



なんと!

このナロンメディカル!!

イブプロフェンが一回量200mgも含まれているのだ!!!



・・・あ、痛いごめん石投げるのはやめてー!
確かに現状でもいつか紹介したリングルアイビー200とか、一回量200mgの商品はいくつかあるんだけどさ。
200mgのイブプロフェンを一日に三回、つまり一日量で600mgの使用を認められているのはこいつだけなんだぜ!!(ドヤァ

・・・あああ刃物もノーサンキュー!
現状で販売しているリングル200は、箱裏の説明書きにしっかり「一日二回を限度として」って書かれてる。
おいらでさえ大正のラウンダーに言われるまで気付かなかったのに、使ってる客のうちどのくらいが気付いてるのかは知らんけどね。

・・・・え?他の違い?
ねぇよそんなもん。
一日で600mg飲めるよ!良かったね!ってだけ。
イブプロフェン一日450mgの用途ならドラッグストアで100錠だろうが200錠だろうが買えるけど、600mgだと薬剤師がいなければ買えなかったってことだよ。
全くもってアホらしい。
一錠あたり50mg含有する錠剤を何十何百コと売った時点でその先の用法用量なんざそいつのさじ加減次第だろうがと。
用量によってリスク区分を変える事は何もおかしくねぇ。
が、用法と用途が同じなのに用量によってリスク区分変えるなら、最初ッから第一類相当の使い方が「できない」ようにしなければ、そんな区分自体意味が無ぇだろうが。

と、ゆーことで。
4月からのナロンメディカルよろしくね!
同量のイブプロフェンが欲しければナロンエースの方が遥かに安くてお店への利益も大きいけど、せっせと買って客をナメてる製薬会社に貢いでね!!

にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ
貴様はおいらがまともに特定の商品をヨイショすると本当に思ったのかね?
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
ブログパーツ
posted by 猫耳将軍 at 15:53| 北海道 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする