2014年10月05日

2倍のマイナスは2倍のプラスで相殺できるか?



先日、北海道では2014年度の登録販売者試験の合格者発表が終わった。
試験問題をもらったから一通り遊んでみたけど、ここ2年くらいの流れを汲んでか、4.5章の設問が2割くらい新傾向の問題になっていたね。
先に合格した人からテキストを譲り受けていたり、過去問しかやっていなかったヤツはご愁傷様。
5割変わってたらしゃーねーかなーとは思うけど、2割見たことない問題だったら、そこを外しても残りを正解すりゃ合格なんだから、勉強不足以上の理由にはならんな。
つーかあんなに喧しくニュースでやってたんだからネット販売に関しての話くらい流石に知っておけよと。

って事で、書きたくても旬を逃して書けなかったネタをひとつ。

【厚労省】登録販売者受験資格見直し‐実務経験を合格後の2年間に

だーーーから言ってんだろ!
1年間チリ紙や洗剤山積みするだけで薬売るスキル付いたら世話無ぇっつーーーーの!!

はい出オチだねーごめんねー。
今までは登録販売者になりたかったらまず受験資格として、連続して12ヶ月、80時間以上の実務実績が無ければダメっつー縛りがあった。
それがこれからは、とりあえず受験資格の段階では実務経験の縛りが無くなりそうだよと。
その代わり、合格した後で2年間は資格者管理の下で実務経験やんないとソロで薬売っちゃダメだよとなりそうな訳だ。

発端は間違いなく西友での(内部?)不正告発だろう。
2012年8月、東京都に「西友に薬に疎い資格者がいる」というタレコミがあり、都の薬務科が立ち入り調査をしたところ不正が発覚したそうだ。

この事件以来、不正受験についてはとりあえず「西友」の名前が槍玉に挙げられるが、実は偽装は西友だけではない。
ほぼ同時期にはカメガヤというドラッグストアでも同じ不正が発覚しているだけでなく、それ以前にもウエダ薬局や柔道整復師、ロジャースなどなど、例だけならいくらでもあるのだ。
普通は第一例のほうが後々まで名前が残りそうなもんだけどな?と思い、少し詳しく調べてみて「ああ成る程」と合点が行った。
その規模もさることながら事後対応が酷過ぎた。

JACDSという組織がある。
日本チェーンドラッグストア協会を英略したものだが、およそ思い付く限り殆どのドラッグストアチェーンはこれに類する組織に参加しているのではないだろうか。


組織のご他聞に漏れず、触ると手が真っ黒になりそうだがそれはまたの機会に。
ドラッグストア業界というものは、恐らく一般人が想像するより遥かに弱い立場にある。
業界全体で言うなら、一般用医薬品の取引額は医療用医薬品業界とも生鮮・加工を併せた食品業界ともケタ単位での差がある。
一緒くたに売られている日用品を含めてやっと一桁縮まる程度。
リスクや薬事法から切り離して考える事のできない医薬品という性質上、こんな状態でサシで放り出すとまずまともな商売にはならない。
不当な圧力や競争の行き過ぎた過熱が起きないため、またはそれを互いに監視し合うため。
これらは一番表向きの理由で、他にも色々な思惑や都合が重なり合ってこういった協会だの組合だのといった組織は生まれる。

とまあJACDSの成り立ちはこの辺にして。
腐ったミカンを放置すれば皆腐るわけではないが、目に付く1コが腐っていれば全てを疑われて当然だし、それを放置すれば箱のミカン全ての価値が下がる。
協会としても会員の登録販売者試験に対する不正、それも組織ぐるみの線が極めて疑わしい上にその件数も前代未聞とあっては当然ながら黙ってはいられない訳だ。
同時期に不正が発覚したカメガヤとは対照的に、西友は協会の要請に対して完全スルー発動。
二度目の要請でやっと面談が実現したが、メディアでとっくに報道済みの既知の情報を持ってきたりと散々な対応だったそうだ。
そして平成25年現在、とされる上記リンクの正会員一覧には「西友」や「ウォルマート」の文字は無い
つまりはそういう事だ。

説明責任を最後まで放棄し、組織ぐるみであることを否定し、全ての責任は現場にあり本部は関与していないというどー考えても無茶な説明を通したまま。
それならそれで、どうやって何の力も持たない現場だけで不正に至れたのか、その経緯や再発防止案、その経過など、それら全ての一切の報告も無く、ただ嫌なものを見ず、嫌な事を聞かず、半ばガキの引き篭もりと変わらない対応のまま会員一覧から姿を消す。
http://www.jacds.gr.jp/press/newsrelease_111.pdf#search='%E8%A5%BF%E5%8F%8B++JACDS'
ちなみにカメガヤへの対応は「厳重注意」に止まっている。
おいら個人的には西友への対応は「勧告」ではなく「除名処分」が妥当かと思っていたが、そうなるとカメガヤ始め他の不正が発覚した企業に対する制裁も相対的にランクアップせざるを得なかったのだろう。


・・・すげぇ長い前フリだけど、事前知識としては過去にこんな事があったよと。
こんな事があったから受験申し込みを受ける保健所としては、性善説を信奉するアホの子ではいられなくなったよと。
だから頑張って申込者の勤務時間のウラを取りだしたけど、公務員なのに毎年受験シーズンになると作業量がブラック過ぎワロタwwww状態になりつつあるよと。
それにしてもたった一年でネを上げるとか早漏過ぎだろjk。
身内に有利な対応は早過ぎんだよ氏ね!
そもそもウソつく方が悪いのは当然だし、西友のあまりの事後対応の悪さに隠れがちだが、行政側としてものべ350人中280人以上の不正受験者を素通りさせたザルさは糾弾されて然るべき異常事態だった。
その抜本的な対応策として打ち出した・・・と、思われるのが冒頭のアレ。
まるで企業や受験者、従業員のためにさも「やってやってる」感ありありの対応だろ・・・?
ほとんど全部自分達がラクするためなんだぜ・・・これ・・・。

まあ受験者にとっては良くなったと思うよね。
現状のシステムで合格したらその後半年で自分がどういう風に薬の売り場に立たされてどういう経緯を辿ることになるのかなんて想像できないだろうしね。
そこが想像できないんだから、新条件で合格してもどんな風になるかなんて想像する方が無理ってもんだ。
そりゃあ受験資格が緩和された!という自分に有利な所しか見えないからみんな歓迎するだろうね。

だからおいらがちょっと余計なお世話で妄想してみよう。
おいらとおいらの後発にあたるヤツら全員が実際に経験した事実だけどな。
ちなみに北海道ではドラッグストアのシェアの約6割強から7割くらいを上の正会員一覧で言う株式会社ツルハホールディングスという企業が占めている。
日本全国のドラッグストアで働く友人知人は腐るほどいるからそこからの情報を基にするが、ツルハの登録販売者の扱い方は普通かほんのちょっとだけヌルめだ。
そしておいらのいる企業は、確実にそれよりもヌルい、甘い、優しいと断言できる。
あくまでおいらの知る狭いドラッグストア業界の、それもおいら主観たっぷりの妄想だ、話半分に読んでくれればいい。

まず、登録販売者試験に合格する。
すると事前の聞き取りで資格を使う意思のあるヤツは即登録
資格保持者の増加に従って最近この流れは変わりつつあるが、それでも資格者が潤沢にいて間に合ってるのは北海道ではまだ大きな都市部だけだからここはヌルい。
都市部に住むヤツにはここでキツめ補正がかかる。
そして登録すると同時に、勤務契約形態が変わる。
この時点で身バレしそうだからちょっと隠すけど、基本的には勤務時間が長くなって時給換算も上がる
少なくとも同じ契約形態のまま登録販売者の資格を使わせる業務には就かせない。
ここがウチの企業が甘いとする一番のポイントだ。
酷いところだと資格登録はさせない、時給も変わらないくせに実質的には登録販売者として扱う企業もある・・・というか、本州だとそんな話ばかり。
せいぜい時給で30円〜くらいで、100円も上がれば大手ドラッグストアチェーンとしてはわりと好待遇っぽい。
逆においらの近所のトライ○ルとかは4ケタ時給で募集してるが、そういう所は一月ごと契約は当然で、さらにその他モロモロのブラック要素が間違いなくくっ付いてくるから、それなりの覚悟で飛び込むようにな。

そんなこんなで、基本的には資格を取得した時に在籍している店で次の日からいきなり医薬品売り場を任される。
とはいえ、資格取ったからってそいつがこれまで実際に薬なんて売ったことねーなんて事、企業側はよーーーーーーっく分かってる。
ここ大事だから繰り返す。
もちろん不正だけど企業側はんな事百も承知!
だから、それまでその店の医薬品売り場を実際に回していた人間とコンビを組ませて一定の成長期間を設ける。
店の営業時間にもよるけど、だいたい1店舗に有資格者は2〜4人くらいいるはずだ。
そのうち1人をどっかにスポーンと飛ばして、その穴に新米資格者が入ることになる。
あ、これは甘い方のやり方だから今バイトしてるドラッグストアにこれを期待しちゃダメよ。
で、3ヶ月から半年くらいかけて新米を教育して、新米が古米になったらまた誰か1人がスポーンと飛んで、人数的には元に戻る訳だ。

ここまでの話での一番のポイントは、キビシイ所だとイキナリ売り場に立たされるの!?なんて点じゃない。
実際はどうあれ、少なくとも薬事法はイキナリ売り場に立たせることを認めてはいるから何の問題も無い。
じゃあ何が問題なのか。
それは『営業時間にもよるけど、だいたい1店舗に有資格者は2〜4人くらいいる』という点だ。
仮に朝9時から夜9時まで12時間営業している店だと、一ヶ月で360時間。
登録販売者の時間をギリッギリまで少なくしてもこの360時間(+α開店前準備&閉店後処理の時間)は登録販売者が店に出勤していなくてはならない。
週休2日と8時間以上の労働には1時間の休憩が必須であることを考えると、この店には少なくとも2.5人くらいor2人+残業の山くらいの登録販売者がいないと営業が立ち行かないという事になる。
んで、クソ甘いウチの企業でさえも、この計算で2.5人必要な店には実際に2.5人しか配置されていない。
時給換算や契約で優遇はされども、人時供給に直結する人の人数はマトモな企業であればあるほどキッチリと管理されているのだ。
そんな店で働くパートやバイトが新条件で資格を取ったとしてだ。
そいつには一人で医薬品売り場に立つことを禁じられているため、この360時間+αを割り振ることはできない
果たして2年もソロで使えない縛りのある登録販売者モドキを喜んで使ってくれる企業は世の中に溢れているのだろうか。

幸運にも企業がそれを認めてくれたとしても、さらに物理的な壁がある。
これまでの受験資格である「連続した12ヶ月を」「80時間を超える勤務」という条件。
これは基準変わる経緯となった話の性質上、緩和される事は考え難い。
むしろ「連続した24ヶ月」となる可能性すらある。
こうなってくると月間80時間ギリギリ雇用保険未加入の旧契約(現在の雇用保険最低ラインは週25時間辺りから)のパートは24ヶ月間公休以外の、当然認められるはずである冠婚葬祭に伴う特別休暇や有給すら取れないことになる。
一見すると国も、法も、資格者も、企業も、誰も悪くないように見えるにも関わらず、ちょっとシミュレートしただけでこうした半ば強制的かつ理不尽な不具合が当然のように起こり得るのだ。
実際にこれが実効されたらどんな拗れた問題が出てくるやら。


で、本音しか書いてないけどこっからさらに踏み込んだ本音。
普通に考えて、一年の前払いがダメで二年の後払いならきっと遵守される!っつー異臭放つアイデアはどこの阿呆のケツから腐れ出てきたんだ?
食券制のメシ屋が後払いで料金二倍にしたら食い逃げ事案が減りました!!って言ってるようなモンなんだが。
あまりにも意味不明な脳みそ沸いた主張だから堂々とすれば逆に誰も疑わないのかな。

そしてミスに対する責任追及が軽過ぎる。
受験者の実務経験証明書を発行してんのは薬事法で認められた医薬品販売事業者、つまりそれなりの立場を持つ企業そのものであって、一個人や現場では有り得ない。
不正を働いている大元は受験者ではなく、そいつらだ。
さも当然のようにミスを垂れ流して平気な顔してた西友に、JACDSは事実上の除名という処分を下した。
じゃあ行政は何かやったの?
資格免許に関する経歴査証というとんでもねーコトを企業ぐるみで100人単位でやらかし、内部調査委員会すらロクに立ち上げない極悪企業に対して
行政は当然!
あるべき!
処分として!
どーんな罰を下したのかなっと。
正解はウェブでポチっとな。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/tkk/hodo/happyo/h24/11/241130-05seiyu.pdf
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/press-release/tourokuhanbaisyahuseijyuken20130214.html
はい行政処分は個人に対するものでしたーwwwww
企業には何もなーし。やったね!


とある国には食い逃げに対する罰則が無いために、食い逃げが横行しています。
さて、国家として食い逃げを撲滅するためにはどのような対策を講じれば良いでしょうか。

これってそんなに難しいクイズかね?



人気ブログランキングへ

ブログパーツ
posted by 猫耳将軍 at 21:15| 北海道 ☔| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

HEYYOU!!

大方の予想通り、増税後はくっそヒマになりました。
猫耳です。

サボってんじゃねぇよって?
いやいやいや、妥当なヒマさだと思うよ。
うちの店ったら3月20日に全体棚卸しかーらーのー3月31、4月1日でプライスカード&POP全とっかえでしたから。
おかげでエイプリルフールだったのに1コもウソついてねーよ!
むしろあのクソ忙しさが嘘だったらどんなに良かったか。
これでまた1年もしないうちに同じ作業がもう一回控えてるってんだからもうね。

そんなクッソ忙しい合間を縫ってゆーっくりと昼メシ食いながら、なんとなーくテレビを眺めてたらお茶噴き出したニュースがあったのをよく覚えている。
ヒマになったから、どれ少しイジってやるかとひっさしぶりの更新となったわけだ。


「生鮮食品のどんな不満でも返金します」 西友が顧客満足度の向上に挑戦
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140325/biz14032516380021-n1.htm

西友公式HP
http://www.seiyu.co.jp/information/2014/3027.php


この記事を見て。
何も考えない客は「おおっ!?」と興味を持つだろう。
従業員は「ふざけんな!死ね!」と憤るだろう。
そして少しだけ想像力の働く客は、何も言わずに西友に行くのをやめるだろう。
そんなわけで、今日はおいらの噴き出したお茶代を西友に請求しない代わりに、お茶代ぶん西友の客を数人くらい減らしてやろうと思う。

さて、リンク先を見れば分かるだろうが、要はこの取り組みは
「どーんな理由でも、生鮮食品ならいつでも返品受けるよー!」
というものだ。
正確には「どんな理由でも」なんて書いてないけど「思ったより不味かった」なんつー主観的極まりない理由での返品を認めている時点で「どんな理由でも」と拡大解釈して問題無い。
流石にレシートは必須になっている辺り、伝説の2002年の牛肉偽装全返金でちっとは懲りた・・・のか?

参考:西友偽装肉返金事件 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%8F%8B%E5%81%BD%E8%A3%85%E8%82%89%E8%BF%94%E9%87%91%E4%BA%8B%E4%BB%B6


この取り組みは、顧客満足度の向上を目的に行われているそうだ。
顧客満足度と言ってもその中身は様々だが、要は客に支持されているお店になるために行う取り組みということだ。

さらに西友の公式HPでは
>スーパーマーケットへの強い来店動機となるとともに、生鮮食品の品質・鮮度に対する消費者の方々の期待が非常に高いことが明らかになりました。その一方、西友の生鮮食品は競合各社と比べて価格や利便性では高い評価をいただいているものの、品質・鮮度において改善の余地があることがわかりました。

>よりご満足いただける高い品質の生鮮食品を、競合スーパーよりも安い価格で提供することを目標として、全生鮮食品カテゴリーの品質・鮮度の改善に本格的に着手することを決定しました。

>大きな成果を挙げているウォルマート各国での同様な取り組みを参考に、日本固有のニーズも踏まえ、日本版「生鮮食品 満足保証プログラム」を開発しました。

とある。

翻訳すると
客が西友に来る一番の理由が生鮮食品なのに、品揃えはともかく品質と鮮度がそれに見合っていないことがわかったよ!よ!
だから完全親会社のウォルマートのやり方パクってがんばるよ!

って事だ。
ここ大事。
品質と鮮度が見合ってないから頑張るっつってるんだ。
大事だから二回書いたよ。
そして、それ以下にどうやって品質の維持、向上を図るのかが書かれているんだけど、それはいい。
ぶっちゃけおいらの属する企業からしたら、そんな事も今までやってなかったのかよ!とか
逆にこれ以外の方法でどうやって鮮度とカスタマーサービスを維持してるつもりだったの?とか、思うところがいろいろあるけど、いい。
すげえ頑張る!って息巻いてるけど、それでやっと大手企業と同じ土俵につま先付けただけだぞ?とか感じるけどそれもまあ、いい。
それらは全て、生鮮食品の鮮度を維持することで顧客満足度を得る、という目的にまっすぐ通じているからだ。
これらの取り組みをやった上で低価格が維持できるのであれば、少なくとも客から非難の声が上がることはないはずだ。

しかし最後の、返品100%補償だけはどう考えても毛色が違う。
そもそもこの取り組みで西友が得たい顧客満足度って何なのよ?という話にまでレベルダウンしてしまう。
少なくとも日本のスーパーマーケットに於いて、生鮮食品についての返金対応というのは最終防衛ラインの先にある話だ。
メーカーやスーパーによって商品に何らかの不都合が発生した場合にのみ発生するのが常であり、そこに客の自由意志は働かない。
多少の御幣はあるが、企業が返品対応が妥当だと判断した場合にのみ、客が返品できるのであって、断じて逆、客が返品したいから企業が返品対応を行うのではない
況してやそこに主観的要因が絡むなど有り得ない
まあ実際にはここまでカッチリしたものではないけど、返品に対して曖昧な表現を使って枠を広げるような事が禁忌であることは確かだ。

では、くだんの100%返金を要求に従って100%実施したらどうなるだろう。
確かに不満を叫ぶ声は少なく、小さくなるだろうさ。
じゃあそれって、目的である「品質と鮮度の向上」を達成したことになんの?
それに不満を叫ぶ声が小さくなるって、不満を叫ばなくなった人が西友に対して満足してる事になるの?
違うよね。
マイナスがゼロか叫ぶほどでないマイナスに落ち着いただけで、決してプラスじゃあないよね。
仮に満足したとして、その満足の対象ってのは「商品やその質」ではなく「買ったモノがタダになった」という事実に対してだよね。
変なモン買わされて返金すんのは当たり前なんだから、そういった真っ当な返品をする人には面倒さから来る苛立ちこそあれ、ゼロ以上の満足感なんざ有り得ないはずだよね。
でもそれってせっかく二回も書くくらいの大目標と定めた品質と鮮度の向上にはクソも役立ってないどころか
そこが出来てないからこそ半ば仕方なく取らなくてはいけない対応だよな。
要は返金が必要になった時点で目標未達成の負け。
つー事は返金補償は負け確定後の傷を広げ過ぎないための敗戦処理って事になる。
たかが敗戦処理を随分とまあインパクトだけでかくしたもんだ。

実際に4月に入り、10日が経過した時点でどんなもんだろうなと「西友 返品」でググってみたところ、上記を裏付ける話が多数あった。
曰く
「本当に返品できるの?何でも返品できるの?」
まともな理由で返金するヤツがそんな方向性の興味持つかよ。

さらに西友にとって最悪なのが、曰く
「本当に不味い、本当に不良品だったけど乞食と同類に見られそうで返品に踏み切れない」
これこそがまともな客の意見だろう。
真っ当な理由で返品する真っ当な客が離れる。
残るのは何でも返品する乞食と、真っ当で意見の言える客。
それでも不満を持った客は西友に二度と行かないだろうから、不満の声は少なくなるよ!やったね!
そんなもん満足だとか不満だとか、そういうレベルの話じゃなく、言うか言わないか、それだけだろ。
何度も言うが、それのどこが顧客満足度だ?

さらに、たまに見かける
「それでも西友で買う人はいるんだからそれでいいじゃん!」
という白痴と見紛う詭弁を平気で吐くのが、最初においらが書いた「何も考えない客」だ。
満足か不満かではなく、言うか言わないかの二極化、こうなるともう品質どころか低価格路線すら危うくなる事すら想像できていない。
真っ当な返品ならともかく、乞食に返金され渡ったカネ。
このカネはもちろん降って湧いたものではなく、西友の資産だ。
西友がどこから資産を得ているのかというと、これまたもちろん、客が商品の対価として払ったカネだ。
つまり、乞食に流れたカネは、元を辿れば全ての西友で買い物をする客のカネだったということだ。
本来の乞食やそれに追い銭を投げつけるような取り組みが無ければ、それは低価格を維持し、品質の向上にかかるコストを賄う為に使われたであろうカネだ。
正直者が馬鹿を見るどころか、乞食の面倒を全員でみなければならないのが西友の返品補償システムなのだ。
少なくともおいらは乞食の面倒も、クレーマーババアの面倒も見るのは御免被る。

最後に。
クレーマーコストの問題としてこの話を矮小化し、擁護を図る輩もいるようだけど。
つまりクレーマーに付き合うくらいなら返金したほうがコストが安くつくっつー事だよな?
そりゃあ顧客満足度はハナっから諦めてるっつー事だよな?
じゃあ返金なんて生ヌルい事やってんじゃねーよ、んなカス野郎なんざカネを顔面に叩き付けて以後出入り禁止で十分だ。
なーんでコストの問題と割り切ってるのにその後もクソクレーマーと付き合い続けなくちゃならねーんだ。
割高コスト支払ってまでコストテイカーと縁繋ぐなんざ矛盾もいいとこ。
そんなクレーマーを蹴りくれて追い出したらほら、テメーがお望みのコストカットじゃねーか。




にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ
日系スーパーが海外での成功が有り得ても、ウォルマートがウォルマートである限り、逆はない。
人気ブログランキングへ
ブログパーツ
posted by 猫耳将軍 at 02:10| 北海道 ☔| Comment(21) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

先生ェ!!素人と歌い手の違いが僕にはわかりません!!


季刊化がわりと冗談じゃなくなってきたこの年の瀬、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
昨年末は酒で、どうやら今年はカラオケについての更新となりそうです。
このブログ主旨とカケラほども関係ない内容でシメるというあたり、逆にいかにもこのブログらしいなぁと思うワケですが。

さて困った。
烏合の衆の中ではマシに歌える方と自分を評価しているが、専門的な訓練はおろかボイトレのボの字もやったことねぇのです。
声の出し方なども興味を持って調べてみたことはあるけど、どれもある程度環境が整った人がやるものであって、フツーの人間が自宅でんな事やったら強制退居の憂き目に遭いかねないものばかり。
結果、やってはみたいけどそこまで本気出すのも面倒くせぇなぁと。
ダメダメ人間の思考でここまで来たので、具体的なフィジカル面での技術は期待に添えないかと思うわけだ。

しかしまあ、そんな程度のへっぽこでもとりあえず精密採点でそれなりの点数を叩き出せてるわけだし、それなりに聞ける歌を唄うだけならんなもんノータッチでもできるよ、できてるよと。
なので今回は、あ、今回も上から目線で、しかし技術的な話には触れずに=特に練習を必要とせずに楽して歌えるコツとか、他人の歌を聞いてて「そんなんだから声出ねーんだよ」と思う所なんかをピックアップしてみたよ!よ!


まずとにかく最初にこれだけは。
よく負け犬が口にする言葉をざっくりと否定しておく。

「精密採点の点数は歌の上手さには関係ない」

んなワケねーだろアホか死にさらせ。
このセリフを吐いて良いのは高得点をコンスタントに出せる強者か、音程すらまともに取れない負け犬のどちらかだ。
この場合の強者の言う「参考にならない」とは、ただ音程を合わせて無駄に長い不要なビブラートをかけるだけで騙されて高得点判定を出してしまう採点システムの事を言っているだけだ。
つまり「音程を取る」ことと「長いビブラートを苦もなくかけられる」レベル以上の人間が言うことであって、音よれよれの下手糞が同じことを言っても鼻で笑われるだけだ。
だいたい採点で90点以上取るのに下手糞なヤツを見たことがあるか?
意識的にシステムを騙そうとしない限り、高得点を取る=歌が上手いと思っていい。
採点で測れない魅力的な歌い方は高得点を取れるようになってから身に付ければ良いだけで、最初から否定して良いものではないということだ。

じゃあそれを踏まえて、半分おいらの愚痴に近い歌うコツ、いってみよー。


1:自分の出せる最高音、最低音を知れ

これができなきゃ話にならない。
ドレミファソラシドでどのキーか?なんて難しく考えなくて良いから、ギリギリ歌える曲のその音の高さと低さだけは覚えておくべきだ。
簡単なことだけど意外とこれを考えずに曲を入れて、歌えずに途中で中止する奴が結構いる。


2:歌う曲はよく聞き込め

できればイヤホンやヘッドホンで1音単位まで。
音程が100%合ってればビブラートだのフォールだのが0回0秒でも80点以上は絶対に取れる。
よく知ってると思っている曲でもかなりの確率でそれは錯覚だ。
間違った音でいくら練習しても、間違った方向にしか上手くならないし、それは無駄だ。
歌詞を一切見なくても最後まで歌い切れるのが最低限のレベル。

3:好きな曲=上手く歌える曲とは限らない

1と2に繋がる話だが、好きな曲は聴く機会が多いため、必然的に音程の狂いが少ないことだろう。
しかし、自分の喉がその音を出せるかどうかは別の話だ。
もちろん、好きな曲を原曲キーでスカーンと歌うことができれば気持ち良いだろうが、その歌が自分の音程から外れていればそれなりに技術と努力が必要だ。


4:伸ばす音、切る音を曲調によって変えろ

同じ曲でも伸ばすと大まかにバラード・演歌調、切るとロック・ポップ調となる。
歌詞と雰囲気によって部分的に使い分けても良い。
厳密にはこれにしゃくりやフォール、ビブラートの広げ方などなどなどを混ぜ合わせて曲調を意図的に操作できるが、練習が必要。


5:腹式呼吸は大切だが、それに囚われるな

腹式呼吸が感覚で理解できないなら仕方が無い。
んなもんできなくても歌は歌えるし、もっと息をしようと吸えば自然となるのが腹式呼吸だ。
ロングシャウトでもしない限り気にする必要なんかないから、息が足りなければ意識してブレス(息継ぎ)の位置で調整しろ。


6:周囲の反応を気にするくらいならマイナー曲を入れんな

心理状態は横隔膜の動きにモロに影響する。
横隔膜がまともに動かないとロクな呼吸ができない。
周りが白けるのを怖がる程度の蚤の心臓なら最初からマイナー曲なんて入れんな。
「俺の歌を聴けェ!」とまで開き直れるヤツならその限りではない。


7:炭酸、酒はほどほどに

個人的には適度なアルコールを入れると音程が広がるんだけど。
人によっては声帯の筋肉が上手く動かせなくなって音が安定しなくなるらしい。
炭酸は胃を膨らませるので腹式呼吸=横隔膜の動きを邪魔する。
そうでなくてもゲップ我慢しながら歌なんて歌えんだろ。


8:有名曲は早めに入れろ

持ち歌が少ないならなおさらだ。
それに有名な歌なら周りもノれるから序盤の牽制的な空気の中でも歌いやすいだろ。
上司の十八番?知るかよそんなクソ上司。
戦場で他人を気にして良いのは自分の身を守れるヤツだけだ。
戦場に来といて弾をブッ放すのをもったい付ける甘ッタレなんざケツの穴2、3コ増やしてスッ飛ばせ。


9:無理な高音は出すな

よく言われる事だけど、正しい発声をしてたらどんな高音だろうがマジで喉は疲れない。
せいぜい長い音を出せば少し乾く程度。
疲れるっつー事は声帯を絞る筋肉の代わりに首の筋肉を使ったり、声帯じゃない所を摩擦させて音を出してるっつーことだ。
そんな音は一発限りの芸当で、その後はそうでなくても狭い音域がさらに狭まる一瞬のドーピングだ。
どうしてもやりたいなら最後の歌にしとけ。


10:採点するならラップはやめとけ

一番最初にも書いたように、伸ばす音は得点を稼ぐチャンスタイムだ。
逆にそれが少ないテンポの早い曲や、特にラップは高得点を出すのが難しい。


11:ガイドメロディやアシスト機能をフル活用しろ

アシストはともかく、少なくとも最新機種は選曲送信の時点でガイドメロディの強さを決めることができるはずだ。
アレが聞こえるのと聞こえないのでは難易度が段違いだ。


12:自分の曲が始まる前に、イントロ部分を口ずさめ

頭で理解できてる音がそのまま口から出ないから歌は難しいんだ。
どうせ誰かが歌ってる音で周りになんて聞こえてねぇから遠慮せずに音あわせしとけ。
最初の1音外すとリカバリしようとしてる間にAメロ終わるぞ。


12:立て!

座ってハラワタ骨盤に押し上げられた状態で腹式呼吸なんざできるか!
上半身が固定されてるとイキのいい発声なんてできねぇぞ。
どうしても恥ずかしければ最低限、足でリズムくらいは取れ。


13:マイクは水平に持て!

ロック系のヴォーカルがよくやってるが、あれはカッコ付けるためのやってるワケじゃねぇんだ。
マイクを水平に持つとヒジが少し上を向くだろ。
そうするとナチュラルに胸郭を大きく使えるようになるし、アゴも上向くだろ。
まともな呼吸も腹筋もできねぇヤツが下向いてまともな声が出るなんて思うな。



最後に、実も蓋も無いがくれぐれも、これらの話を全部守ろうとなんてしないこと。
無理だから。
どんなメンツで行くかによっても気を遣うべき部分は変わってくる。
気の置けない仲間内でカラオケ行くのにマイナー曲がどうかなんざ気を遣っても意味無ぇだろ?
必要な部分だけを自分で取捨選択して楽しく歌うがいいさ。
そうやってそれなりの点数が取れるようになる頃には、きっと今の自分の歌い方では満足できなくなるはずだ。
小難しい技術はその後で十分だし、もしかしたら歌いながら勝手に身に付いているなんてラッキーなこともあるかもしれない。
その程度で良いんだから、そう深く考えすぎないことさ。


【追記】
批判すんのにも多少の資格は要るのかね。
こんなもんが資格になるならいくらでもアップするさ。
2013y12m27d_221737398.jpg2013y12m27d_221755822.jpg

にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ
自分が楽しむのか、周りも楽しませるのか。
どっちもできれば一番良いんだけど、だいたいどっちかが犠牲になるんだよなぁ。

人気ブログランキングへ
ブログパーツ
posted by 猫耳将軍 at 22:12| 北海道 ☔| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

コストカットは計画的にどうぞー。


薬局で薬を貰ったはいいけど、管理指導料とか調剤基本料とかって何なんだよ!
あァ?おいらてめぇに指導なんてされてねぇんだけど!?
しかも基本料って!ド○モかよ!


えー、はい。
今回たまたまコメントで言われたことなんだけど、けっこうこのテのワードで検索して来る人が多いんだよね。
ぶっちゃけおいらは調剤にも病院にもまーーったく関係ねぇから、どーしても無責任な物言いになるだろうと思って封印してたネタの一つなんだけどね。
良い機会だしやっちまおうかー。
裏事情とかも全く分からないから、異論反論弁護あったら例の如くコメントで頼むよ。


まずは調剤基本料の方だけど。

同じ薬を同じ病院から処方されても、その処方箋を出す薬局によって払わなくてはいけない金額が変わることがある!

何を言っているのか分からないと思うがおいらも(ry
詐欺だとか技術料だとかそんなチャチなものではない、もっとワケのわからないものの片鱗がそこにあるわけだ。
これはもう薬局を利用する以上騒ごうが喚こうがどうしようもない。
規定事項、確定事項、決定事項、どう呼んで貰っても構わんが、とにかく客には覆しようが無い。
じゃあ調剤基本料を一言で表すとしたら?
うーん・・・手数料?受付料?調剤料?
まあ具体的な名前を付けられない時点でテキトーな名前を付けてカネを取ってる胡散臭いモノという認識でだいたいオッケーよ。

この調剤基本料は40点として計算される事が多い。
40点ってーと、1点=10円だから400円だな。
例外が「4000回以上の受付回数かつ集中率70%以上」の薬局はこの基本料が24点=240円として算出されるところだ。
受付け回数ってのは薬局が処方箋を受け付ける回数で≒客数≒精算回数みたいなもんだな。
集中率って方がちょっと特殊で、その薬局に持ち込まれた全ての処方箋のうち特定の医療機関の処方箋が7割を超えている場合って意味だ。
この二つの条件が同時に成立している薬局の基本料は240円になりますよーって事。
ちなみに件数と集中率は薬局の自己申告らしい。
もっとぶっちゃけると。
でっけー病院のすぐ近くで、それをさばけるくらい沢山人のいる薬局の基本料は安いよーって事だ。
年中無休だとしても一日アベレージ130件の調剤がある薬局か。
8時間営業として一時間に17件?
しかもアベレージ130なんてキレイに分かれるはずなんて無いんだから、日によっては200件とか300件とか?
うっへーそんなトコで働きたくねぇwww
少なくとも受付が1コしかない薬局ではまず不可能な数字で、該当するのはかなりデカい病院の直近で、これまたかなりデカい薬局ってイメージが伝わればいい。
そういう特殊なトコ以外は1件400円もらいますよーってのが調剤基本料だ。

じゃあ、何でまた国はこんな一般には分かり難い区分方法で薬局を仕切り分けしたのか。
国の「オモテの声」はこうだ。
国としては病院のそばのデカい薬局じゃなくて、家の近くにある薬局をかかり付けの薬局にして欲しいよ、と。
だから病院のそばにあるデカい薬局は点数を低くして、1件あたりの儲けを少なくしちゃうぞー、と。
・・・おかしいだろ?矛盾してるだろ?ちょっと何言ってるのかワケわからんだろ?
国ってのはこういうお為ごかしを平気で垂れ流す馬鹿なんだ。

百歩譲ってそういう思惑が国の本心だったとしてもだ。
やった事の結果は、デカい薬局の値段を安く設定しただけ。
じゃあ、同じサービスを提供されるのに高いのと安いのと、客はどっちを選ぶよ?
結果として件数の多いデカい薬局はさらに件数が増えて、少ない薬局はさらに少なくなる調整でしかないんよ。
いくら薄利にしようと、多売になる調整なんだから意味ねーよな。
そりゃ国としては見せかけの医療費は減るかも知れんけど、デカい薬局は利益率が落ちて、小さい薬局は売り上げと客数が減って。
結局は国が一人勝ちで、そのぶん大小関わらず薬局にしわ寄せを持たせるよく出来たシステムよ。ホント。


はいつぎー、管理指導料ね。
正確には「薬剤服用歴管理指導料」だったかな?
まあそんな感じの名前。
だいたい30点=300円くらい付けられてるんじゃないかな。
あ、今は他の業務と包括されて41点=410円なのか、へ〜。

じゃあ、この管理指導料って具体的にはどんな作業に対する対価なんだろうね。
かなり辛辣なこと書くんで、意訳のないよう厳密にいこうか。


薬剤服用歴管理指導料は、患者に対して、次に掲げる指導等のすべてを行った場合に処方せんの受付1回につき30点41点算定する。

•イ 患者ごとに作成された薬剤服用歴に基づき、投薬に係る薬剤の名称、用法、用量、効能、効果、副作用及び相互作用に関する主な情報を文書又はこれに準ずるものにより患者に提供し、薬剤の服用に関して基本的な説明を行うこと。
•ロ 処方された薬剤について、直接患者又はその家族等から服薬状況等の情報を収集して薬剤服用歴に記録し、これに基づき薬剤の服用等に関して必要な指導を行うこと。
•ハ 調剤日、投薬に係る薬剤の名称、用法、用量その他服用に際して注意すべき事項を手帳に記載すること。
•ニ 患者ごとに作成された薬剤服用歴や、患者又はその家族等からの情報により、これまでに投薬された薬剤のうち服薬していないものの有無の確認を行うこと。
•ホ 薬剤情報提供文書により、投薬に係る薬剤に対する後発医薬品に関する情報(後発医薬品の有無及び価格に関する情報を含む。)を患者に提供すること。


これらの作業ってアナログだと情報の保管、管理から共有だの保守保全だのと確かにとんでもない作業量なんだろうけどさ。
現代だとパソコンのテンプレにポチポチっとで終わりじゃん。
だって調剤の内容を入力しーの客に必要な薬の情報をプリントアウトして配りーので終わりの作業だぜ。
作業時間?ほぼゼロやん。
まあこのプリントは貰っても貰わなくても点数は変わらないからいい。
だけど、これが薬剤の服用歴を管理及び指導?
これは名前が実態に即してないよ。
システム維持管理保全料とでも改名するべきとこじゃないの?

おまけにこの指導料、拒否すれば加算はされない?らしいんだけど。
・・・拒否してるヤツ、いる?
いやむしろ
・・・拒否「できる」ヤツ、いる?
ジェネリックがどんなもんなのか、たったそれだけを薬剤師に訊ねるのでさえ難儀するヤツが多いのにだ。

「あ、その説明とか管理とかいりませんから」

なんて言えるヤツって、いる?
居酒屋の勝手に出てきて勝手に精算されるまずいお通しに近い理不尽さだ。

そもそも危険物である医療用医薬品。
いつ、誰に、何を、どれだけ売ったのかを記録しなければならないのは当然の業務だ。
それは薬剤服用歴管理指導とは別の業務で、毒劇物取締法でも規定されているようにそこに「報酬」なんて発生しない。

もちろん薬歴はそのような単なる売買の履歴だけではなくカルテのような側面もあり、治療に役立つ事もあるという人もいるかもしれない。
が。
薬歴が処方変更の理由になるってお前それどんだけレアケースだよと。
410円半強制徴収の理由としてはちょーっと弱いんじゃねぇか?

そもそもおいらはシステムの機能としてオマケして「共有」という機能を付け加えてあげたが、実際に使用されてるシステムにこの「共有」の機能が必要十分に搭載されているのかは疑わしい
というか、まず無いだろう。
共有と言うからには、ある患者の薬歴を企業やチェーンの垣根を越えて情報共有するシステムを指している。
全く異なるクレジット会社でも一つの会社でブラックリスト入りしたらどこのカードも差し止められるだろ?
最低でもあれレベルの共有力が無ければ話にならん。

この共有が不可能ならば、今度は薬局ごとに患者を囲い込んで共有の必要を無くすしかない。
いくら国がかかりつけ薬局システムを作りたいだなんて言っても、そもそも院内調剤が無くなって門前薬局を作った時でさえ移動すんのがめんどくせーと不平不満たらたらだっただろうに。
一区画ごとにコンビニがあるこの時代に、カネでもくれなければ誰がごまんとある薬局をわざわざ一つに絞るなんて面倒臭いことするかってんだ。
国がアメなりムチなり強制力なりを用意しねー事には理想なんざ垂れ流しで終わるし、垂れ流しで終わってるうちは完璧な薬歴管理なんざちゃんちゃらおかしいという話だ。
一回でも他の薬局で薬を貰っていればそれは即ち情報モレだし、モレを防ぐ手立ての無いどころかモレたかどうかすら分からない管理って、そいつは管理と呼ぶには少し甘すぎるんじゃねーの?と。

さらにこの大もと、薬剤師による情報提供自体に大きな欠陥がある。
薬剤師に与えられる患者についての情報ってのは保険証から読み取れること+医者からの処方箋のみ。
ほんとにこれだけだ。
コメントでも書いたことだが、一体これだけでどうやって医者の意図と病名まで読み取れってんだと。
(あ、だけど可能性の考慮とは別問題ね)
必然的に突っ込んだ説明はできないから、その成分についての一般論を言うだけになっちまう。
だけどそれのどこが「指導」なんだよと。
宿題やってこなかった生徒に盗みが如何にやってはいけない事かを「指導」するようなもんだ。

そりゃ薬剤師からしたらワケわかんねーから「ワレ今日は何でウチに来たんや?おぉ?」くらい聞くでしょうよと。
だけど患者からしたらそうは感じない。
病院の受付にも診察前の看護師にも医者にも話して来たのに、またテメーに説明しなきゃならんのかよと。
まして患者にとって言い辛い内容ならば一発アウトでクレームになりかねないよな。
薬屋の側からすりゃあ目の前の人間が痔だろうがエイズだろうがガンだろうが空気感染しねー限りはなーんにも感じねーけど、言う方はそうは行かんでしょと。
しかも薬剤師からすりゃあ必要だから聞くワケだけど、それが疑義照会に繋がることなんざ万に一つだ。
患者からすれば言わされただけにしか感じない。
こんな矛盾だらけの問答だって「指導」として410円の一部に含まれてるんだ。
年間に換算すると単純計算で実に2900億円もの予算がこんなワケの分からないことに割かれてるんだぜ。

410円取るための名目だけ設定してるわりには、それに見合った骨子が出来てねーよ。
ちなみに410円ってーと前回の記事で紹介したユンケル黄帝液、通称「無印ユンケル」の実売価格と同程度ね。
実際の商品に換算すると途端に生々しくなるだろ?
「薬剤服用歴管理指導料」という制度は、現状おいらからすれば客がレジで買い物するたびに客が拒否さえしなければ無印ユンケルをピッと追加しちゃっていいよーってシステムにしか見えないんだ。
実の無いところに制度を作るあたりいかにもお役所って感じだけど、企業がこんな制度勝手に作ったら、どうよ?

別に薬剤服用管理指導料に関わる業務を全て否定してるわけじゃねぇんだ。
でも本当にどーしてもイ〜ホまでの業務が大切だって言うなら、それぞれに点数を設定すりゃあいいだけの話じゃねぇか。
形骸化している業務や対価に値しない業務を必須または重要度の高い業務とセットにするからおかしなことになるんだ。
売れないでホコリかぶってる商品を生活必需品と抱き合わせでセット販売するクソ企業がどこにあるってんだ。
公が一般人には理解できない回りくどい文章で誤魔化してるから許されてるだけで、私でんなことやってたら経過観察抜きの一発で業務改善命令下るっつーの。


あー、だからと言って薬局の人間にあーだこーだ言うのも筋違いだぜ。
まさか薬局の人間に食ってかかるキチガイみてーな奴はいねーと思うけど念のためな。
牙向ける相手を選ばないキチガイはモンスター扱いされて当然だ。
それに拒否できるかどーか知らんが、拒否することのリスクだってあるんだぜ。

例えば、もし貰った薬に全回収クラスの欠陥があることが判明したら?
実際はどうするのか知らんけど、履歴さえあれば薬局がメーカーに代わって回収に取り掛かるんじゃねぇかな。
履歴を断るっつー事はその手がかりを自分で無くしちまうって事だ。
スーパーで例えるならレシートを(捨ててくれではなく)出さないでくれという注文に近い。
売買の記録自体が無いんだから売ったモンにどんな不備があろうと店は知ったこっちゃねぇし、もちろんレシートが無いんだから返品なんぞ言い出したら蹴り飛ばすぞ

客の側からすれば同じ薬を貰うのに薬局によって値段が違ったり、覚えの無いサービスの対価を取られるのは納得が行かないという気持ちは理解できる。
だけどそういう客に限ってモンスター一歩手前、ありもしない権利までもをどこからか聞きかじった程度の知識で振りかざす輩が非常に多い。
自分は一体何に対して憤りを覚え、最終的にどうしたいのか。
調剤基本料や管理指導料がムカつくー!ってんなら、怒りをブチ撒ける先は国、または厚生労働省だ。
薬代を安くしたいっつーのなら領収書を薬剤師に見せて、どの名目のサービスにどんだけのカネがかかってるのかを相談して、無理なくカットできるもんがあるなら次からはそうすれば良いんだ。
その相談にすら嫌な顔するような薬局なら、そこは薬剤師じゃなくヤクザが受付に立ってるただの自販機だから二度と行かなければ良い。

誰が悪いか、何が問題なのかを考えずにとりあえず目の前にいる立場の弱い人間に噛み付くのはただのキチガイだ。
以上を踏まえ、リスクとメリットをきっちり把握してコストカットに励んでくれ。

にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ
面と向かって「それいらない」とか言えちゃう人って、ちょっと尊敬するけど他人のままでいたいわー。
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
ブログパーツ
posted by 猫耳将軍 at 18:58| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

あとは値段の方をもうちょっと・・・


このブログでも何度か取り上げた湿潤療法とモイストパッドだが、不覚にも今年の4月に新しい商品が発売されていたらしい。

13292679388bloFhgl.jpg

仁丹堂から発売されているハイドロウェットという商品だ。
材質そのものはこれまで紹介してきたキズパワーパッド等と材質はなんら変わりはない。
体液を封じ込めて傷の治癒を早めると共に、外界からの接触を断ち、痛みを和らげるものだ。
では、なぜわざわざここで取り上げるかと言うとだ。

単純に、デカいんだ。

これまでのハイドロコロイド材はせいぜい絆創膏のLサイズ程度のものしか無かった。
せっかく良い商品で多くの人に使って欲しくても傷口の大きさに合わないのなら勧めようがない。
しかも湿潤療法が最大に効果を発揮するすり傷や火傷こそ、広範囲の創傷になりがちだ。
その点、このハイドロウェットは最大のLサイズで110mm×115mmと、日常で起こる凡その創傷を覆えるサイズとなっている。
取り扱い店は少ないかもしれないが、見かけた時はぜひ試してみてはいかがだろうか。

にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ
はいはいステマステマ。
仁丹堂さん、この記事見たらカネくれww

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
ブログパーツ
posted by 猫耳将軍 at 13:07| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

フライング土下座三回転半ひねり!


いきなりですがごめんなさい。

つい先日まで、このブログ内に具体的にどう書いてあったかは覚えてないけど「ブログ主に直メする」みたいな項目があったかと思います。
seesaaブログのアカウントで登録されてるアドレスに自動で転送される私書箱的な機能だと思います。
公に公開されるコメントでは言いにくいメッセージをブログ主に直接伝えるためにあったものかとは思いますが
ワタクシこと猫耳将軍は、このブログを開設してから先日までの約1年半


  一度もそのメッセージを見ておりませんでしたァ!!

いやいやいやもうね。
以下軽ーく言い訳なんですけどね。
もちろんPCの生アドレスなんて怖くて使えたもんじゃねーのでyahooのフリーアドレスを使ってるんですがね。
複数のアドレス管理なんてめんどくせーので、オークションからメルマガから通販、ネトゲのアカウント登録に至るまで全て1つのメールアカウントで登録という暴挙をやらかしてるんですよ。
当然ながら、そのアカウントにはお得メッセージという名の有象無象のメールが100通/日くらいの頻度で流れ込んできてるわけですよ。
そうでなくとも登録にしか使わないものなんで、ログインして中身を見ることすら稀なわけですよ。

で、ブログ上で直メの項目を見つけてどういう意味か理解した瞬間、軽く血の気が引いたわけですよ。
それでも
「いやいやいやこんなクソブログの主にメッセージ送るキチガイなんていねーだろJKwwww」
なんて激しく現実逃避&激甘希望的観測しながらメールをサルベージしたらですね。


  検索結果 : 51件の該当がありました


お前らバカスwwwwwww
そのメッセージ、つい先日まで未開封でしたから!!

・・・・・・・・・・いやもうほんとすみません。

不幸中の幸いにして急を要すると思われる内容のものは無かったのですが、ブログのネタ依頼が3割ほど。
3割くらいがイタズラや間違いで、残りが反論と意見と応援、相互リンクのお誘い。
あと面白かったのは商品の宣伝依頼。
普通にアフィリエイト貼り付けて宣伝してくれーというものから、はっきりとは書かれてないけど明らかにステマ依頼臭いものもいくつか。
お返事できる方々については即日で謝罪を添えて返信させて頂きました。

ネタについてですが、どうやら猫耳を過大評価して頂いているようで、専門の設備や買うのにサインが必要な薬品が無ければ調べようもないようなのがチラホラ。
はっきりとぶっちゃけますが、試験管内で発火を伴うような実験はおうちではちょっと無理です。
試験管って内部からの衝撃と熱にはメチャ強く作られてるので、いくらぶ厚くてもそこらのコップじゃ代用できんのです。
もしかしたらできるかもしれませんが、リアルで危険なのはちょっと御免蒙ります。

それ以外のネタについては謹んで記事にさせて頂きます。
何かを批判してくれー系のネタは強い反発を生むことが予想できるので、隙を無くす作業が必要なぶん時間がかかるかと思います。
もともと筆の速いほうではない上に、気の向いた時にしか記事を書かないので数ヶ月〜1年くらいは見ておいてください。
とりあえず当面は手の付け易い当たり障りのないネタからになると思います。

あ、メールフォームはちょっと管理しきれそうに無いので削除しました。
でもこれだと何か法に触れるような記事を書いた時に警告されようが無いので、近いうちに復活させる予定です。
当面は何かありましたらコメント欄にて、よろしくお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ
メール見なかったおいらもおいらだけど、相互リンク依頼しときながらOK出す前に勝手にリンクしてる奴って何なんだろう・・・。
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
ブログパーツ
posted by 猫耳将軍 at 14:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

アロエニオン・ヘタイロイ!!


みんなは「医者いらず」と聞いて何を思い浮かべるだろうか。
或いはトマト。
或いはリンゴ。
もしかすると大根おろしなんていう地域の人もいるかもしれない。
これらの方々はちょっと置いてといて。
今回は医者いらずの筆頭の「アロエ」についてのお話をしよう。


恐らくはドクダミ、芍薬と並んで民間での万能薬信仰の対象となっているアロエ。
しかし、実は医薬品でアロエが配合されたものは意外と少ない。
一番有名なのは小林製薬から販売されている「間宮アロエ軟膏」だろう。
http://www.aloe-seiyaku.co.jp/products/nanko.html
というか、これが医薬品アロエ市場の8割くらいを占めているはずだ。

残る2割はというと、これまた小林から出ている「アロエ製薬便秘錠」というものだったり。
http://www.aloe-seiyaku.co.jp/products/benpi.html
これまたヤクルト社からは「アロエ錠MY」のような。
http://www.yakult.co.jp/healthcare/aroe/03.html
便通を整える作用を期待して配合されるものなんだなーという事が読み取れる。

しかし、それだけだ。
傷薬と整腸薬だけでは「万能薬」と呼ばれるのはちょいと荷が勝ち過ぎてはいないか。
万能薬と言われるからには他にも何か、現代医療の及びも付かない効果が期待できるに違いない!

と、いうことで捜索の幅を健康食品にまで広げてみると。
アロエエキスドリンク、サプリメント錠、ソフトカプセルに青汁、果てはお茶なんてもんまで出てきた。
たかが食品なので当然ながら明確な効能は謳っていないが、よく目に付くのは「生活習慣が不規則な方に」という文句。
あらあらまあまあ便利で曖昧な謳い文句ですこと。
生活習慣っつー事は睡眠時間から食事のバランス、酒タバコにストレスまでみーんな纏めて面倒見てくれるんだとさ。

一番ビックリなのは当のアロエちゃんだ。
はっきりと確認されているアロエの効果なんて「下剤的効果による便秘への効能」しかない。
後に言及するが、傷や火傷に対する効能すら眉唾ものなのだ。
それがいつの間にやら尾鰭背鰭の乱れ咲きで万能薬、医者いらずの二つ名まで戴いちまったんだから、ある意味一番の被害者と言える。

そもそもさっきからアロエアロエと言っているが、厳密には日本薬局方に記載されている(=日本で薬として認められている)アロエとは「ケープアロエ」という品種のみだ。
http://jpdb.nihs.go.jp/jp14/pdf/0809-1.pdf
同じアロエだし見た目もそこまで変わりないだろうが、こと成分を重視する医薬品としては全くの別物
対して、日本でアロエと言えばまずキダチアロエかアロエベラで、ケープアロエなんて見たことあるヤツの方が少ないだろう。
健康食品やジュース、または刺身として食すヤツもいるようだが、これらのアロエはまず間違いなくキダチアロエかアロエベラによるものだ。
ケープアロエは可食部とされる葉肉が薄く、またその葉肉までもが食用に適さないキダチアロエの外皮と同じような苦味があるためだ。
つまり、どこを取っても食えたモンじゃないって事。

とはいえ、薬局方に記載されていないから全く薬効が無いというワケでもない。
キダチアロエの外皮にはケープアロエと同じ有効成分であるバルバロインが含まれている。
だがキダチアロエは日本薬局方への記載が無いため医薬品として配合する事はできない。
ただし伊達に記載が無いのではなく、医薬品として使える程の濃度で含有していないためと見るべきだろう。
そしてアロエベラにはこの成分は確認されていない。
故にキダチ、ベラ共に幅広く食用として利用されているのだが、下剤及び整腸作用を期待するのは間違いという事になる。
ちなみに。
逃げ道を塞ぐ意味で敢えて書き加えるが、ヨーロッパ各国の薬局方にはキダチアロエが、アメリカの薬局方にはアロエベラが含まれる。
しかし何を以ってして薬局方に記載するかの基準が日本と異なるため、海外での記載を権威として利用する事には全く意味が無い
ある国で認められるから薬として扱わねばならないのならホメオパシーはとっくの昔に保険適用医療になっている事だろう。


次に先ほどちらっと触れた傷薬としてのアロエについて。
省略されてはいるが、間宮アロエ軟膏に添加されているアロエ葉肉、アロエ末共にケープアロエによるもので間違いない。
そういう意味ではきっちり薬局方に則った表記なのだが、如何せんアロエ末のどの成分が外傷に効果を示すのかがはっきりしていない
薬局方に記載されている以上は効能を謳うのは勝手だが;">「ひび、あかぎれ、切りきず、しもやけ、やけどetc」というのは添加物として扱われているワセリンの効果そのもの。
実際の使用感もそれを裏付けるもので、メモAなどの傷薬と謳いながら傷を悪化しかさせない薬と違って自然治癒の阻害こそしなかったものの、白色ワセリンと比べて特に優れた効果を齎すものでもなかった。

こと医療の発達した現代においてもなお、本草をそのまま創傷部に貼り付けて使用される植物はそう多くない。
現代では専ら便秘薬として使われるべきものだが、人類史上最も多く使用されたアロエの用途は「傷薬として」である可能性が高い。
最古はエジプトのピラミッドから出土したパピルスにも傷薬としての表記があり、アレキサンダー大王や劉備も兵に傷薬として用いた逸話からも分かる通りだ。

498707207316D-5m.jpg
             ※)画像はイメージです。実際の映像とは異なります。

しかし先にも書いた通り、アロエに含まれる「成分」には白色ワセリンと比較して特に傷を癒す効果が確認できなかった
とすれば、アロエの「成分以外のところ」に傷の治癒に関して何らかの効果を齎す特徴があるはずだ。

・・・と、大仰に書いたが、タネは十中八九アロエ特有の水分を含んだゼリー状の葉肉で間違いない。
アロエの葉肉を傷に当てるということは、消毒はおろか細菌の存在を想像すらしていない古代において、現代の最新医療である湿潤療法を知らずに実践できるという事だ。
ろくに洗浄もせず土まみれ腐肉まみれな状態と比較すれば、それはもう仙薬の如き効果だったであろうことは想像に難くない。
つまり、アロエとは劣悪な治療環境という比較対象ありきの限定条件付き妙薬ということだ。
周囲にマイナスになるモノしか無い状態であれば、そりゃあゼロのモノだって有り難がられるってもんだ。
今じゃクソみてーな配合のケ○リンやらヘ○クパウダー、富山の分包薬を未だに有り難がる阿呆がいるのと何ら変わり無い。
現代においてどーーしてもアロエを外傷に対するベストチョイスとして用いたいのであれば、サバイバル生活をするしか道は無い。
野良アロエをアテにするためにはそれなりに南方のそれなりの環境でサバイバルしなきゃならんだろうから、遭難する場所には細心の注意を払ってくれ。
そうじゃない現代人はちゃんとキズパワーパッドを使うんだぞ。

自分で野良アロエなんてケースを出しておいながらアレだけど、野草は言わずもがな、鉢植えの植物なんてどんな雑菌が住み着いてることやら。
煎じて茶として飲むならまだしも、生で傷に接触させるアロエは余計に酷い感染症を起こしたという話が非常に多い。
自然の恵み(笑)などと御目出度いお題目を口にする阿呆ほどそういったリスクを無視して重大な事故を起こす傾向にあるが、まさに自然淘汰の見本だろう。
勝手に体張ったギャグやってオチまで付くんだから、それはそれで彼らは本望なのかもしれない。


ちょっとは褒めてやろうかなーと思って書き始めたんだけど、何故かいつものように全方位攻撃に落ち着いてしまった。
まあ、いくら褒めようと思って書いても、当の本人であるおいら自身がどこを褒めて良いか分からないんだから仕方が無い。
100年前ならいくらか使い道もあったんだろうけど、残念ながらここは殺菌法と湿潤療法の確立された現代の日本だ。
そこに「仮」や「例え」を持ち出す意味がない以上、アロエに万能薬としての活路など有り得ず、この話はここで終わりだ。

にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ
アロエみたいな葉肉の厚い植物って、寄生虫も多いんだぜ。
リアルでアロエの鉢植えが有る家だったけど、温室から出して外に植えようもんなら繊維なんだか線虫なんだか分からんくらいに寄生虫まみれになったわ。

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
ブログパーツ
posted by 猫耳将軍 at 18:07| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

穏やかな心を持ちながら激しい怒りによって目覚めた伝説のアレ。


リポビタンDが今年の3月で、販売50周年だそうだ。
販売累計は昨年10月末の時点で340億本。
1962年発売当時の価格は1本が150円。
ちなみに現在の希望価格が税込みで153円だ。
50年も発売当初の価格を維持するというのは並大抵の企業努力では叶わないことだと思う。
・・・効果はともかくとして。

現在、この50周年にちなんでリポDシリーズを対象としたキャンペーンが行われている。
コンビニは知らんが、恐らくリポDを扱っている全てのドラッグストアでやっているはずだ。
もしもリポDを売っている店に行くことがあれば、その10本パックの箱をちょいと見てみて欲しい。
まだ残っていれば
2012062519420001.jpg
こーんなのがオマケで付いているかもしれない。

中身はリポDのボトル型ストラップで、大したもんじゃない。
大したもんじゃないけど、運が良ければ大したもんが入っちゃってるかもしれんだな。
うちのお店にも200コほど来てたので、ちょっくら写真だけ撮って来たんだが。
普通はこんなの。
2012062519420000.jpg
なんてこたーない、プラスチック製の普通のストラップだ。
だけど、大正のラウンダーが言うには100コに1コの割合で合金製で金ピカのゴールデンリポDストラップが入っているのだそうな。
奥さん、合金ですよ合金。
合金製ってことはもう持った時点で分かるほど重さも違うという事ですよ。
ってことで、ラウンダーさんの目の前で漁ってみました。

『200コも来てるんだから1コくらいあるっしょ!無かったらリポDの発注量が減るだけですしーww』

なんて、ラウンダーからしたら冗談じゃ済まないであろう冗談を飛ばしながら漁ってたら。
ありましたありました。
残り7コくらいのところに1コだけありましたよ。
残りが20コくらいの辺りでラウンダーさんの顔色が明らかにおかしくなって変な汗が浮き出てたけど気のせいだよね!

勿体ぶる趣味もないので、ゴールデンリポDご開帳ー。
2012062519410000.jpg
うん、写真で見るとわりとフツー。
なるほど言うとおり、塗料では出ないメタリック感とずっしり感がある。
塗装なしで、合金の金属自体が金色なようだ。
これ付けてポケットに入れたらケータイを割りそうなくらいには硬いね。
ストラップとしては致命的だよねwwwww


無粋な突っ込みはこの辺にして。
実はこの金ストラップ、存在そのものを知らない人もかなりいるという話だ。
というのも、そもそも100コに1コ金が入っていること自体が特に公表されておらず、大正製薬社内オンリー情報。
さらに言うと、ラウンダーでもこのことを知らされてない人もいるそうだ。
社外秘って訳でもないのでラウンダーと仲が良ければ教えてはくれるんだろうけど。
知らなかった薬屋の店員は、いま一度ラウンダーとの関係を見直してみてはどうでしょうかねっと。
ラウンダーさん自身も、ムカつく奴には教えてないって言ってたしww

たまに他のお店で買い物すると、ラウンダーに対して本当に酷い対応してる店もあるんだよね。
その会社の商品の売り場を作らせるくらいはギリギリ彼らの仕事の範疇だから良いけどさ。
命令口調だったり、罵ったり、返事もしなかったり、酷い時は明らかに店がやるべき掃除みたいな作業やらせてたり。
もちろん他所様の店でのことだからおいらは何も言えないけどさ。
おまえそれ自分の部下にでさえ絶対取っちゃいかん態度だろと。
まして販売企業と店舗って売り手と客との関係こそあれど、基本的に対等なはずだろと。
仮に違ったとしても、もし客が

「わたし客なんだから今日の夕ご飯はあんたが作ってよね!あとウチの掃除もよろしく!」

なんて言い出したら、お前はキレずに対応できるのかよと。
おいらなら丁重にケツバットならぬケツ釘バットと遺憾の意右フックをお食らい頂いてお帰り頂くレベルだ。
理不尽な客に対する憤りを一番実感できる環境にあるはずの人間がどうして同じことを別の誰かに平気でできるのか、理解に苦しむ。

ちなみに、ちょっと気になって調べてみたら案の定、金ピカストラップが5000円オーバーのなかなかいい値段が付いている。
5年後くらいまで寝かせておいらたら万超えしそうな勢いだなぁ。
興味がある方は是非。

にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ
恩や感情を金額に換算できないヤツに商売は向いてないと思う。
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
ブログパーツ
posted by 猫耳将軍 at 20:29| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする