2013年03月29日

杉「今年の花粉は1.9倍だぜ!ワイルド(ry

本州の花粉、もう収まっちまったかね?
旬を外して記事にすることに定評のある?猫耳がまたやらかしますよっと。

今回は約束どおりリクエストのあった記事、『ネトゲ廃人、大地に立つ』のリメイクだ。
パッと見なんの記事か分からないだろうけど、一応これ、花粉症に関する記事なんだよなぁ。
今回はもうちょっと誘導できるタイトルにするよ。

花粉症についてだけど、今回は花粉症の中でも今回は鼻と目の症状に絞る。
他にも吸い込んで呼吸器がやられたり、吸収しちゃって全身症状が出たりするけど、そいつはもう医者の仕事だ。

まず予防法。
ぶっちぎりの最有力は「無駄に屋外に出ない」これに尽きる。
お前バリバリ花粉症持ちのくせにジュース買うくらいで外出してんじゃねぇよと。
花粉を吸うリスクはもちろん、服や髪に花粉くっつけて部屋に入るっつーのは手術前のクリーンルームに土足で入り込むが如し。
テメェで安全地帯をブッ壊してどうする。
買い物?そんなもんまとめ買いに決まってんだろ。

次点で薬を飲む
後述するけど鼻炎薬には既に出ているアレルギー反応を抑えるものの他に、そもそもアレルギー反応を出にくくするものがある。

次々点で、清潔にする。
この場合の不潔の対象はもちろん花粉。
外出から帰ってきたら衣類は即ゴミ袋にでも突っ込んで洗濯機に直行。
玄関開けたら光速でマッパになる勢いで。
できねーならファブるなり霧吹きなり、湿気で固めて叩き落とせ。
あと、外出から帰ってきたらシャワーくらいは浴びれ。
室内で一番花粉がくっついてるのは間違いなく自分の髪だ。
それを防ぐために帽子やフードを被るのもアリだ。
大げさと思うか?
花粉症持ちにとって花粉は少しデカめの病原菌と同じだぜ?
伝染病の患者を見舞った後と考えれば、それほど大それた対処法でも無いとおいらは思うぜ。

あとマスク?あんなもん無駄だ。むだむだ。
カタログスペックだけ見りゃあ99%防げるけど、日常生活しながら99%カットなんざ夢物語と知れ。
そりゃあ頑張って完璧にマスク付ければ80%くらいまでカットできるだろうけどさ。
そうやって完璧にマスク付けてボーッと突っ立ってんの?それともベンチに座って本でも読みたいの?
お前は戦場で怪我しないためにフルプレートアーマー装備しといて最前線でのんびりランチでもしてぇの?
歩いただけで、喋っただけでズレるもんに何を期待してんの?と。

まあ不完全な付け方でも30%くらいは防げるらしいから、30%と知った上でその数字に価値を見出せるなら付けるのは有りだな。
卸売りには5年前にライン増産した阿呆メーカーのマスクがまーだまだまだ唸る様にストックされてるからな。
定価800円のマスクが198で投げ売りされるような状況が終わるまでは、まだまだマスコミは「マスクは有効」と叫び続けるだろうよ。

次に、もう症状が出ちゃった早漏野郎はそこに正座ァ!
とりあえず水で目と鼻洗え
しみるからヤダーって野郎と余裕ある遅漏野郎は生理食塩水作って洗え。
ほっといても涙や鼻水で排出されるだろうけど、そんなの待ってられっかクソが。
具体的な商品名出すけど、鼻洗うのは難しいから高っけぇけど「ハナノア」とか使うのはアリ。
だけど目洗うのに「アイボン」とかそれ系の洗目薬は使うなよ。
アレは抗ヒスタミン剤とか抗炎症剤とか入ってて良いように見えるけど、目を守る油層やムチン層ごと汚れを流すもんだ。
結果的に後続の花粉どころかそこら辺に舞ってるホコリに対してすら弱くなる。
後で紹介してやっから、抗ヒスや抗炎症が欲しいなら同じくらいのカネ出してそれ用の目薬を買え。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ここまで予防と応急処置。
ここからお薬のお話。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


上記の対策をカンペキにやっても花粉症は出る。
年中PCの前に張り付いてるネトゲ廃人でも出るんだから、花粉症は誰にでも出る。
だから鼻炎薬の選び方くらい覚えといて損はないぜ。

まず上にも書いたけど、鼻炎薬は成分によってかなり特徴がある。
効果についてはネトゲ廃人〜でも紹介した通り眠くなるやつ、あんまりならないやつ。
効果時間が長いやつと短いやつだ。
この違いはどうやって花粉症を止めるのかの違いでもある。
花粉症っつーのは花粉に反応して作られるヒスタミンが受容体にくっ付いたら出る反応だ。
んで、主に「出たヒスタミンが受容体にくっつかないようにブロックする」のが第一世代(以下見栄え悪いからファースト)の古い成分で
「ヒスタミンが出るのを防ぐ」のが第二世代(以下同セカンド)の新しめの薬だ。
特にセカンドの方はヒスタミンの他にも防いだりするから、かゆみや鼻水だけじゃなく、鼻づまりにも少し効果を発揮するヤツもいるんだぜ。
この働き方の違いから、セカンドの多くは「抗アレルギー用薬」とも呼ばれることもある。
さらにはっきりと区別しようとすると、1983年より前に出た成分はファーストで、後がセカンド。
1983年に出たメキタジンが涙目。
同じように見えるかもしれんけど、過程が違えば結果も違う。
ファーストは、即効性はあるけどヒスタミン自体はウヨウヨしてるから、薬が切れればアレルギーも復活
セカンドはこれから出るヒスタミンは抑えるけど、既に出ちゃった奴らは知らんぷりだから即効性はあまり無い

※注記
メディエーターってヒスタミンだけじゃないのは知ってるんだけど、ロイコトリエンとか出すと非常に面倒臭いんで省略。
※注記2
本当はセカンドも塩基性だの酸性だので分けられて、そのうち酸性のセカンドはほんとマジでヒスタミンは知らんぷりっつー違いがあるんだけどこれも省略。
OTC化されてるセカンドはたぶん全部塩基性だからここで書く意味がない。
つまり、厳密にはセカンドでも少しだけ既に出たヒスタミンも止めてくれるから全く知らんぷりってわけでもないって事だ。


このことから導き出される鼻炎薬としての使い方は・・・
ファーストは症状が出てから、出てる時だけ飲め!
セカンドは症状が出る前に飲め!あわよくば併用ゲフンゲフン

止める薬で予防はできねーし、予防する薬で止めるのも難しいからな。
特に花粉症っつーある程度の長い期間が決まっているような場合はセカンドの予防効果が光るぜってことだ。
それと「ヒスタミンが出るのを防ぐ」って事は、アレルギーが出ちゃったとしてもあんまりヒスタミンが出ないって事でもある。
アレルギー症状が出たとしてもその症状は弱いものだってこった。
つまり花粉症そのものが軽くなるって事で、これがセカンドが抗アレルギー用薬とも呼ばれる所以だ。

あーはいはい、抗ヒスだの抗アレルギーだの言われても具体的なモノが分かんないってんだろ。
しゃーねぇから具体的に名前出してやんよ。


・塩酸ジフェンヒドラミン(ファースト)
鎮静作用=眠気が強い
強い副作用が示す通り、薬としてはかなり古い。
処方ではともかく、OTC薬としてはあまり店には並んでいないかもしれない。
むしろ睡眠改善薬としての利用価値のほうが・・・
代表的な商品・・・レスタミンコーワ糖衣錠、ドリエルなど

・マレイン酸クロルフェニラミン(ファースト)
ジフェンヒドラミンよりは眠気が少ないと言われている。
そのため、現行のファーストOTCにはよくこの成分が採用されている。
代表的な商品・・・エスタック鼻炎カプセルなどなど

・塩酸プソイドエフェドリン
・塩酸ナファゾリン

マレイン〜と同じく、OTC鼻炎薬の主力。
だけど抗ヒスタミン薬ではないため、アレルギー症状は止めてくれない
こいつは交感神経を刺激する薬で、血管を収縮させて鼻通りを良くしてくれる。
交感神経を刺激するっつー事は・・・まあ、そういう事だ。
こういう成分こそもっと厳しく薬剤師が管理下に置かなきゃならないんじゃねーのかね。
花粉症の時というより風邪の鼻炎の時に真価を発揮する成分だ。
代表的な商品・・・パブロン鼻炎錠とか

・フマル酸ケトチフェン(セカンド?)
セカンドの草分け。
草分けだけあってセカンドというよりもファースト的な働き方が強い。
ファーストに比べて口渇、尿量現象の副作用が少ない
が、脳関門を突破しやすいため、眠気の強さと頻度共にむしろファーストよりも強いというデータも。
はっきりしない薬だけど古い=データが豊富で、好んで処方する医者もいるそうな。
開き直ってファーストとして見るのであれば効き目も持続時間も申し分無い。
代表的な商品・・・パブロン鼻炎カプセルZ、ザジテンAL鼻炎カプセル

・塩酸アゼラスチン(セカンド)
商品名アゼプチン=超苦い猫耳のトラウマ薬。
セカンドの中ではわりと即効性がある・・・が、ファーストとは比べるべくもなし。
眠気が少なく効果時間もそれなりに長い、まさにセカンドofセカンド。
代表的な商品・・・スカイナーAL

・塩酸セチリジン(セカンド)
効き目はアゼラスチンと似ているが、こちらは効果時間が特に長い
一日一回で十分な効果が得られるのが最大の強み。
しかし即効性は皆無でまともに効果を実感できるのは数日後になるかもしれないのと、アゼラスチンよりちょっとだけ眠気があるのが弱点。
よく阿呆に何回か使っただけで「効かない!」と捨てられる不遇な子。
一日一回OTCの予防薬として見るなら十二分なポテンシャルがあるんだけどねぇ。
代表的な商品・・・ストナリニZ、コンタック鼻炎Z

・塩酸フェキソフェナジン(セカンド)
セカンドを鼻炎薬の眠気という副作用を軽減する目的として見るのであれば、この成分が一つの完成系。
何と海外での実験結果では眠気に関してはプラセボ群との有意差がほぼ無かったそうだ。
注意書きの欄に「眠気」と書かなくて良い唯一のOTC鼻炎薬。
胃薬によく配合されている水酸化マグネシウムや水酸化アルミニウムと併用すると効果が落ちるほか
グレープフルーツジュースとの併用は血中濃度の増加傾向があるため服用の際は注意。
代表的な商品・・・アレグラFX

現行のOTCはこんなもんじゃなかったかなぁ。
何かすんげぇ大事なモノを忘れてる気もするから「この薬はどうよ!?」ってのがあったらコメントで頼む。
カネが許すなら眠気のアレグラFXか一日一回のストコンZの二択で良いんじゃねーかな。

どっちもクッソ高いから、おいらは面倒でもこれ買うくらいなら病院行くけどな。
あー、あと成分で説明できないんで漢方ハブっちゃったけど、知りたい人がいたら個別にコメントで説明するよ。


ついでに目薬もいってみよー。
目薬については鼻炎薬よりは簡単。
求められる効果は充血、抗炎症、痒みだが、粘膜に直ブチ込むために少量で薬の効果が出やすい
そして、抗ヒスタミン最大の弱点である副作用はどれも局所症状ではないため、少量しか用いない目薬では副作用をあまり気にする必要がないからだ。
要は飲み薬よりも副作用のことをあまり考えずにやれちゃうんだな。

充血・・・塩酸ナファゾリン、塩酸テトラヒドロゾリン、塩酸フェニレフリン
と、副作用気にしなくていいぜと言っておきながら最初にコレを出す猫耳クオリティ。
ここら辺の奴らが入っていれば、原因が何であろうとキュッと目を真っ白にしてくれる。
ナファゾリンは上でも書いたからもう分かるだろうけど、これらは血管を収縮させる薬。
飲んでも全身に効く薬をそのまま患部にブチ込むんだから、そりゃもう即真っ白。
それだけに、ここまで顕著な反応を示す粘膜に使うのはあまりお勧めはしない。
今回鼻炎スプレーを勧めない理由でもあるんだけど、こんなもん常時使ってると粘膜が肥厚化して取り返しが付かなくなるぞな。
すげー大雑把な言い方をすると、お前らの大嫌いな「依存性」があるってこった。
目には鼻ほどの副作用は無いにしても、アレルギー目薬っつー長期連用せざるを得ない薬にこの成分が入ってるってのはどうにも。
デート前とか、写真を撮るとか、どうしても充血を取りたいような時は充血用の目薬を別に買って使ったほうがいい。
ケチな猫耳がこう言うくらい長期連用ダメな薬として覚えておいてくれ。
ただし、必要以上に怖がって避けることもないぞ。
ワルい友人と同じで距離感が大事ってことだな。
代表的な商品・・・バイシン、ロートリセ、眼涼などなど

抗炎症・・・プラノプロフェン、グリチルリチン酸ニカリウムなど
抗ヒスタミン剤も結果的に抗炎症剤なんだけどね。
プラノプロフェンは直接プロスタグランジンの生合成を抑制して炎症を止める奴。
名前もイブプロフェンとかロキソプロフェンとか、それ系の名前だろ?
グリチル〜との二択であればできればプラノプロフェンの方を勧める。
理由は、このグリチル〜って穏やかながらステロイド的な働き方をするんだよね。
ステロイドだから避けるのではなく、使う場所と期間的な意味でできれば避けたいなぁと。
病院ではモロにステロイドの目薬を処方してたりもするんで、そこまで避けるものでもないのかもねぇ。
代表的な商品・・・マイティアアルピタット、アルガードクリアブロック(プラノプロフェン)
        アルファーストEX(グリチルリチン酸二カリウム)
 

かゆみ・・・マレイン酸クロルフェニラミン、フマル酸ケトチフェン
効き目のフマル〜と即効性のマレイン〜に分かれる。
ただし、効き目も即効性もぶっちゃけそこまで変わらない。
マレイン〜の目薬は長期連用で眼圧が上がることがあるのが弱点っちゃ弱点。
この場合の長期連用ってのは半年クラスらしいから、血管収縮作用よりはうるさい事は言わん。
どうせならフマル酸〜を選ぶといいかもしれんけど・・・高い
医療用ではザジテンに入ってたやつで、わりと最近OTC化したもんだからえらく調子こいた値段になってるはずだ。
それより問題なのは、マレイン〜の入ってる古い目薬はどいつもこいつも血管収縮剤がセットで入ってる点。
結果的にクソ高い最近の薬を勧めるしかない。ファック。
代表的な商品・・・2010年以前に発売のアレルギー用目薬(マレイン酸〜)
        ザジデンAL(一類、フマル酸〜)、アイリスAGガード(二類)


かゆみ?・・・クロモグリク酸ナトリウム
こいつはファーストでもセカンドでもない、今日紹介する成分の中では唯一生粋の「抗アレルギー薬」だ。
これ単体だと既に出ているかゆみや炎症にはもう清々しいくらいに効かない。
それこそ自然回復と大差ないくらいに。
「ヒスタミンとかが放出されるのを止めちまおう!」がコンセプトで、まっすぐそれに向かって突っ走った結果の産物としか思えない。
結果的にはセカンドの持つアレルギーそのものを穏やかにする効果に似てる。
前述の通り、既に出ちゃったアレルギーには効かないからファーストとの混合で商品化されているものが多い。
・・・が。
OTC薬の性質上、「アレルギーの予防効果」って大々的には謳えないんだよね。
パッケージには書いてないだろうから、店で探すときは成分名を覚えといてくれ。
代表的な商品・・・マイティアアルピタット、アルガードクリアブロック

こんなところか。
ザジテンを「ザジテンだから」で絶賛してる人、特にOTCのザジテンを手放しで勧めてる人を見るたびにちょっともにょる。
あれ、そこまで目に見えてマレイン〜と違いあるか?
学術の厳密なカタログスペックがどうなってるのかは分からんけどさ。
見せ掛けの「第二世代!」とか「抗アレルギー作用!」って言葉に釣られてるようにしか見えないんだよな。
でもそれって「ロキソニンは最強の鎮痛薬!」とか言ってる無知な一般人とどう違うんだろうと。
少なくとも自分で右目左目と分けて何度も実験した者としては、マレイン〜とフマル〜の間に3倍の価格差に見合う効果が実感できなかった。
それよりも、かゆくなったらまずはさっさと洗い流せよと。
あとコンタクトという名の花粉収着物を早く取れよと。

原因を放置して対処だなんてヘソで茶が沸くぜ。
おいらは昔からずーーっとこう言ってるし、これが真理だと思ってる。
真理っつーのは状況が変わっても通用するから真理っつーんだぜ。
仕事でも、人間関係でもこれが通用するって事さ。
アレルギーにだけは通用しないとはちょっと思えんよなぁ。
あ、これは目洗えとかじゃなく、杉くらいさっさと順次引っこ抜いて植え替えれよって話ね。

にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ
「抗ヒスタミン剤」と「抗ヒスタミン薬」の違い、記事ぜんぶ書いちゃってから知ったぜー・・・。
暗記してるからって調子こいて空で書いちゃったけど、やっぱ最初にwikiに目を通すべきだった。
一応書き直したけど、もしまだ間違えてる箇所があったら各自脳内保管してくれ。
次から気を付けるお;;

人気ブログランキングへ
ブログパーツ
posted by 猫耳将軍 at 18:46| 北海道 ☔| Comment(18) | TrackBack(0) | お薬もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

2012年12月1日〜13年2月28日までの注目ワード!

そろそろアレいこうか。
難しいことを何も考えなくても書けちゃうサボりネタ。
十分に間隔も空けたし、もういいよね。

第三回!検索ワード拾い読みのコーナー!
今回の拾い読み期間は12/1〜2/28までの3ヶ月間。
そんじゃあいってみよう。

12.1:ロキソニンを溶かして注射

oh・・・いきなりポンプでキめようとするコアな野郎がお越しになってたようで。
ヤク中には言うだけ無駄だから好きにしろや。


12.1:抗菌目薬を犬に使用使用していいか?

はいはいお約束お約束。
そんな事さえググらないとわからない程度のアタマで、本当に細菌性の炎症かどうかなんて診断できんの?
医者の仕事ってずいぶん楽なもんなんだな。


12.2:猫がいちいちくっついてくる

なにそのご褒美。


12.2:ネトゲ脳

リアルでお金の単位にキロとかメガとか使い出したらヤバいんだろうな。
メガ単位のお金なんて使う機会は無いんだけどね!


12.2:猫 怪我 ガーゼ

ガーゼがよろしくないっつーのは自制のきく人間の話ね。
動物は傷を舐めて悪化させるから、それを防ぐ意味でガーゼは有効だよ。


12.3:カロリーメイトは点滴剤の余剰で作る?

全くもって、市井の一般ピーポーの発想力には恐れ入る。
こんな下らない噂でも、大きく広がればいつの間にか「作る?」から「作る!」に変わって、マクドナルドのミミズバーガーみたいに一人歩きするんだぜ。
薬事法的にも食品衛生法的にも有り得ないと思うけど、もしカロリーメイトが点滴から作られてたとして。
なにか不都合でもあんの?
ナニから作られようが、カロリーメイトの栄養量は箱に表示された数値のままなんだけど。
ウンコから作られたわけでもあるめーし、そこらへんの感覚はおいらには理解し難いな。


12.5:薬 なぜ15歳以上

日本人だと20歳=大人と考えている人も多いけど、それは権利と義務の話。
ある程度の個人差はあれど、肉体、特に内臓の機能が完成されるのはだいたい15歳と言われている。
薬を飲むのに必要なのは体であって権利じゃないよね。


12.8:リポビタンD ストラップは箱にはあるの

ウチはもう売れてなくなっちゃったけど、まだあるところは付けてるかもしれんね。
基本的には3本パック用に作られてるんで、ケース売りに付けてるかどうかは店次第だな。
どうしても欲しければ「10本箱買うからストラップくれ」って直接店員に言えばきっとくれるよ。


12.10:絶対零度は、何をもとに決められているか

逆だぜ。
絶対零度が何かによって決められているんじゃなく、絶対零度が基準になってセルシウス温度が決められている。
原子を構成する粒子は常にゴチャゴチャ動いていて、その運動量は温度に依存する。
高温になれば粒としての形状が保てずにプラズマ化するし、低温になれば動きは鈍くなる。
絶対零度ってのは、その粒子の運動が完全に停止すると予想されている温度のことだ。
もし停止より先の「静」の状態があるなら、温度ってのは絶対零度より低くなり得るということでもある。


12.13:ロキソニン ネットオークション

いくらネット売買が認められても、個人売買はご法度。
そういうのは誰にもバレないようにやるもんだ。
ネットでググった程度でヒットするようなら警察も楽なんだろうけどな。


12.16:どうしてみんな韓国を嫌うの?

逆に聞きたいわ。
いったい韓国のどの辺が好かれると思ってるの?


12.16:ユンケル どうしてケツから飲んじゃダメ

じゃあもういいよwww
勝手に飲めよwww


12.16:足ツボに正露丸

いやまあ刺激物だけどさ・・・。
正露丸がツボに効くならきっとフリスクでも効くよ。


12.18:インドメタシンのレメディー

そんなのあるの?
直接効果のある薬品をレメディにしちゃうと、ホメオパシーの根底から否定することになるんだけど。


12.19:ユンケル 二日酔いに効く?

二日酔いっつっても頭痛から倦怠感に胃腸障害といろいろあるんだけどな。
胃腸障害になら効きそうな組み合わせのユンケルもあるけど、だったら素直に胃薬飲めばいい話。


12.21:ユンケルでうがい

色が似てるからってイソジン代わりに使ってんじゃねーよww


12.24:モーラステープに似たサロンパス

自分の中だけならまだしも、他人に対して固有名詞を代名詞に使うクズは死に絶えろ。
「21枚入りのサロンパスくれ!」って言っといて欲しいのはフェイタスでしたーとかマジ死ね。
ただし先週くらいに来た「小林から出てるリポビタンBBのEXくれんかね」と言ったばあちゃんは許す。
もはや混ざり過ぎてて薬を扱う資格よりESP能力のほうが必要なんじゃないかと思えてくるレベル。
ちなみにご所望の品はエスエス製薬のエスカップでしたとさ。


12.24:クリスマス終了のお知らせ 猫耳将軍

なぜそこにおいらの名前を入れるんだ?


12.25:クリスマス ひとり

そしてなんでこのワードでウチに来れるんだ?
え、なに?グーグルさんおいらにケンカ売ってんの?


12.25:フェイタス 一度に何枚まで

久光曰く、リスク面の問題から一度に2枚まで。
それ以上貼ると胃痛とかの副作用リスクが跳ね上がるんだってさ。
って事は大判サイズだと1枚までって事になるな。


12.26:クリスマス終了のお知らせ

クリスマスどんだけ一大イベントなんだよ・・・。
うん26日だしね、終わってるね。
あとお前ら勘違いしてるかもしれんけど、おいら既婚で子ども二人いるからな。
こんな性格悪い底辺クズでも嫁いるのにお前らときたら・・・。


12.27:猫耳将軍 クリスマスプレゼントいくらした?

ここに紹介してないだけでよくいるんだけど、検索ワードで会話しようとすんのやめろよwwww
普通にコメントなりtwitterなり開放してんだろうがww


12.28:富良野 オムツ買える?

こういう質問来るから北の国からって大嫌いwwww
どこまで田舎だと思ってんだよwww
あ、でも市の辺境だと怪しいかも・・・。


12.29:下痢に正露丸は駄目

下痢にまで使えなかったらほんとにゴミ薬に成り下がるな。
「効かない」と「使えない」と「効くけどリスクが高い」
一般人は同じ意味に取りがちだけど、この3つの意味は全く異なるんだぜ。


12.29:葛根湯お茶がわり

素人がやる「代わり」は大抵の場合なにも代わりになってない。
これ豆な。


12.30:液キャベAと新ヘパリーゼドリンクを飲んだら具合が悪く

はーいよくできまちたねー。
お薬を勝手に複数まとめて飲んじゃダメって言われたことないでちゅかー?
まして似たような場所に作用する薬なんでちゅよー?


1.2:ケイ素の恵み 鼻炎

あーはいはい効くねすごいねもうケイ素だけ食って生きれば病気になんないし不老不死だよきっと


1.4:ユンケルの最高峰の感想

マズい。
ユンケルLをゲロったのをもう一回飲むような味。


1.5:正露丸を飲んでから便秘

正露丸が下痢を治す薬としか認識してないから戸惑うんだよな。
あれは「便を硬くする薬」だ。
効きすぎれば便秘くらいは当然する。


1.6:ネコ耳将軍 もしかして:ホモ

てめえ訴えるぞwww
完全に嫌がらせじゃねぇかよww


1.8:頭痛薬 顔つき変わる?

あくまでおいら個人の印象。
具体的な研究結果なんて知らんけど、パッと見で分かる程度には変わると思うよ。
大容量サイズの鎮痛薬を買う客ってだいたいキツネ顔をさらに吊り上げた神経質っぽい顔してる。
ついでに血色悪くて声が小さく、クレーマー気質の奴が多い。
男は違いが分かり辛いけど、女で鎮痛薬を濫用してるヤツは異動先の店で初見の客でもも7割くらい当たる。
ああいう顔つきになる原因が痛みなのか薬なのか、それとも全く別の何かかとか、いろいろと定かではないから大きな声では言わないけどな。


1.9:落ち着きが無い猫の薬

ペットだからって個性の範疇まで認められねーならペットを飼うのなんて辞めちまえ。
思い通りのロボットを飼いたいならはじめからそっちにしろカス野郎。


1.11:あかぎれにケナログ

こっちは代名詞を固有名詞化ちゃってるタイプか。
軟膏=あかぎれに効く=ケナログも軟膏じゃん!って思考回路だろきっと。
じゃあ痛み止めもせき止めも胃薬も錠剤だから一つテキトーに選んで飲めば全部解決するよな。
馬鹿らしい。


1.13:薬が苦い助けて

分かるよーその気持ち。
錠剤を選ぶ、オブラートを使う、心を無にする
好きなのを選んでくれ。


1.14:ケイ素の恵み好転反応は?

詐欺師ってすげぇよな。
好転反応なんてモンが「あるに違いない」というレベルまで信じ込ませてやがる。
ここまで洗脳できるならカネもむしり放題じゃないか。
羨まゲフンゲフン


1.16:チックタイプ 最後まで使う方法

指で取って塗ればいいじゃない。
チックタイプだからってそれ以外の使い方したらいけないってワケでもないよ。


1.17:根性禁煙 そんなにダメ!?

ダメとは言ってねーよ。
わざわざ難しい方選ぶとかもったいねーなー、他に方法あるのにバカだなーってだけだよ。
いい方法あるかも?と日和ってググったくせにテメーのやり方否定されてたからって逆ギレしてんじゃねーよ。


1.19:昔ながらの薬 どうなの?

薬において、「昔ながら」という言葉の多くは甘え。
時代についていけずに取り残されてるヤツが好んで使う言葉。
そして少なくとも日本はいったん「これは薬だよー」と認めたものを取り消すことなんてほぼ無い。
そんな背景で「昔ながら」という言葉がどういう意味になるかを考えれば、自ずと答えは出てくる。
「昔はピチピチのJKだった」という言葉ほど名伏し難き殺意が込み上がる言葉もないだろう?


1.20:エスタックエース 抗生物質

市販薬で抗生物質入ってるかぜ薬は無い。
そして、風邪に抗生物質はオマケみたいなもんで風邪自体に効くものではない。


1.22:マカ皇帝 どう?
1.22:マカ皇帝 いつ飲むの?
1.22:マカ皇帝 噛むの?


必死だなwwww
いいか?あんなもんただの食品!!
せんべいとかアジフライとかところてんとかと同じ しょ く ひ ん !
好きな時に好きなように食え。
んでもって「効果」なんつー医薬品特有の現象の一切を期待すんな。


1.23:頭に尿素クリーム

なるほどハゲたいのか。
ハゲが聞くとハゲ狂ってハゲ散らかりそうな暴挙だな。


1.24:イカリ草 怒りっぽい

君は何か勘違いしている。
ときに、イカリソウの漢字表記は碇草、または錨草だ。


1.25:フェイタス15歳以下何故だめ

薬の使っちゃダメは二種類に分けられる。
「危ないからダメ」と「危ないかもしれないからダメ」だ。
そしてフェルビナクのダメは後者のほう。
真実と事実はいつも異なるのだ。


1.27:漢方ホメオパシー

効果は0倍なのに対し、胡散臭さは2倍だな。
混ぜるな危険。


1.28:胃酸過多の腹痛に正露丸は効きますか

原因まで分かってるのに、どうして選択肢に正露丸を入れちゃうんだろうね。
せっかくググるんだったら余計な自己判断を入れないで素直に「胃酸過多の腹痛に効く薬」とでも検索しときなよ。


1.31:血圧の薬 容量を誤って飲んだ めまい

大抵の薬は倍量飲んでも言うほど危ないもんじゃないんだけど・・・
血圧とか血糖値とかは冗談じゃなく死ねるぞ。
そこら辺に放置して誰かに飲まれたら過失致死傷が適用される薬を飲んでるんだってくらいの危機感は持とうな。


2.1:ドラックストアーで売ってる高濃度ビタミン6

ビタミンB6のことか?
高濃度ってあんた、どんだけ入ってれば高濃度なのかも見当付いて無い阿呆にしか見えないけど?


2.3:ハッピーターン粉 薬?

重大な依存性アリで次回の薬事法改定で新しく薬物として追加されるらしいよ。
脱法ドラッグ終わったな。


2.4:リングルアイビー歯痛いっぱい飲んだ

二倍飲めば二倍効くってんなら、副作用覚悟で自己責任で飲むっつー選択肢もあってもいいかもしれんけどな。
残念ながら吸収率とか閾値ってもんがあるんだ。
いっぱいボール投げても受け取る手が足りないと意味が無い。
そのくせ副作用は飲んだ分まるまる出ることのほうが多いんだぜ。
多く飲めば飲むほど換金率の下がるパチンコだと思ってくれ。


2.6:猫の下痢 正露丸できく?

効くかもしれんけど猫は死ぬ。
ネコにとってクレオソートは量に関係なく毒薬。
消臭や消毒にバラ撒いたのが気化したのをちょっと吸うだけで死んだ例もあるくらいだ。


2.7:インドメタシン 15歳未満が使うとどうなる?

上で書いた続きになるけど、実は別にどーにもなんねーんだよ。
どうしても保障が欲しいならバンテリンの液やゲルなら11歳未満まで使える
守るべきところは守って、使えるもんは勝手に使えば良い。
問題はそのライン引きが素人には容易にできないことだ。


2.10:オッス!オラ碇シンジ!

このシンジはきっとエヴァに乗らないほうが強い。
あと対カヲル戦で「綾波のことかーーーーーー!!」で覚醒する。


2.12:糖衣錠の作り方

砂糖を吹き付けて、乾かして、また吹き付けて・・・・
ってのを延々と繰り返すというのは聞いたことがある。
意外とアナログ作業なんだよね。


2.15:マダニ 怖い

記事にしようか迷ったけどボツにしたやつだ。
マスゴミが煽るせいでみんな異常に怖がり出してるんだよなぁ。
下書きは保存してあるから、夏あたりに更新するかもしれない。


2.17:PM2.5 なぜ今さら

ほんと、そうだよなー。
昔からPM2.5の量なんざほぼ横ばいなのに、ピーピー騒ぐから関係ない症状までPM2.5のせいになってる。
心当たりを与えたら柳の木だって幽霊にするのが人間だって、何百年も前から分かってることじゃねぇか。
科学に利権や政治問題を絡めることで矮小化させないで欲しいわ。


2.18:正露丸 便秘に効かない なぜ

なぜ、って言われてもなぁ。
ウンコ硬くする薬をウンコ硬いヤツに使ってどうなるんだと。


2.19:灯油 高い

ほんとたっけぇよな。
リッター100円超えるときっつい。
油屋って円高の時は「仕入れたぶんを売りきるまでー」とか言ってなかなか値段下げないくせに、円安になると即座に値上げするんだぜ。
電気売りだけじゃなく、インフラ関連はどいつもこいつも同じくらい殿様商売のクソさ。


2.21:韓国でpm2、5は騒がれていないの

だって多かろうが少なかろうが毎年同じものを、わざわざ「今年に限って」特に騒ぐ意味なんて無ぇもの。
これまでの事はともかく、騒ぐならこれから先毎年似たような数値が出るだろうからずーっと騒げよ。
そもそも朝鮮人と比較対象にされる程度に底抜けの阿呆な行為ってことを理解したほうがいい。
まあ韓国はPM2.5なんて重箱の隅をつつく以前に重箱自体がクソまみれなくらい衛生的に汚いし公害もあるってせいもあるけどな。
でも黄砂は韓国も毎年騒いでるよ。


2.23:黄砂 ガイガーカウンター

どっちかっつーとこっちの方がずっと気になるよ。
つい最近まで自国の、しかも地表にバカスカ核を落として実験してた国の砂が飛んできてるんだぜ?
福一にはこんだけ神経質なのにどーして気にならないのかね。
まあ当事者が気にならないなら北海道のおいらは知ったこっちゃないけど。


2.24:ガラス 液体って本当?

おいらもケイ素のことを調べるまで知らなかったぜ。
ガラスって厳密には「すげぇ硬い液体」ってカテゴリなんだってな。
だから古い教会のステンドグラスとかはちょっと垂れて波打ったりしてるの。


2.26:ブタのレバ刺し

調べてみたらマジで出してる店があった。
食うほうも出すほうも、既に寄生虫に脳みそ食われてるんじゃねーの?
なんで牛のレバ刺しだけが商品として黙認されてたのかすら忘れたのかよ。
関係ないけど馬肉ってケモ生肉のなかではダントツに安全だって話をよく聞くんだけど何が元なんだろう。


2.27:シップ剤 白い理由

個人が作ったような、本来の薬草を練って貼り付けるシップは草そのものの色や膏剤の灰色土の色がついている。
だけどそれを商品として扱うとなると、どれを取ってもほぼ同じ成分じゃなければならないんだ。
原料が草とは限らないけど、同じ成分にするために成分を精製、抽出して、それを膏体に薄めてのばしたのがお店で売ってるシップだと思ってくれ。
白くしなくてはならない決まりはないと思うけど、勝手に白くなっちゃうんだな。



ここまでー。
ワードの相対数的には相変わらず正露丸一強の独走。
季節のせいでアースジェットが無くなった代わりに「インドメタシンとフェルビナクの違い」が知りたいんだろうなーというワードがかなり目立った。
記事のアクセス数でも『念のため、おいらは質問に忌憚なく答えてくれる久光さんが大好きです。』がずっと2位だったね。
そして、更新した途端にその記事を抜いて2位に躍り出たのが『PM2.5って本当に全部がMADE IN CHINA?』
やっぱり時事ネタはみんな気になってるのかね。
情報源がテレビだけだと、あんだけ煽られて気にするなって方が難しいのかもな。

でも実はPM2.5関連のワードよりもリポDストラップに関するワードの方がずっと多かったんだぜ。
おいらはあんまり価値を感じなかったんだけど、欲しいヤツは欲しいものなんだな。


にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ
あまりにアクセス数の多い記事はリメイクしようか考え中・・・
人気ブログランキングへ
ブログパーツ
posted by 猫耳将軍 at 16:16| 北海道 ☔| Comment(15) | TrackBack(0) | 検索ワード履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

PM2.5って本当に全部がMADE IN CHINA?


なんだかなー。
PM2.5が怖いのは分かるし、事実危ない物質なんだけどさ。
その実態以上に怖がらせる輩はいったい何なの?
馬鹿なの?死ぬの?儲けたいの?
テメーらの事だよミヤネ&御用学者。
学もデリカシーも無くて空気まで読めないなら地方局でおとなしくしてろよ。

PM2.5ってのはね、すんげーちっっちゃい粒子のこと。
どのくらい小さいかってーと、2.5μm以下
目に見えないどころの話じゃない、多少厚着した程度では衣服の繊維くらい軽く通り抜けるほど小さい粒子だ。
ホコリや花粉などの大きさであれば多少危ない物質でもマスクなりで防げるし、体内に吸い込んでもそこまで奥に行かずにキャッチされる。
しかし2.5μm以下となると、呼吸する時に簡単に呼吸器系の最奥、肺胞までたどり着いちゃうから危ないよーと。
これがPM2.5の抱える問題の核心だ。
あとは種類がSOxだのNOxだのVOCだの、要は構成する物質によっていろいろあるよー程度のもの。
それ以上でも以下でもない。
十分脅威だが、事実以上に怖がってやる必要は無い。

じゃあ、何で肺胞まで行かれちゃうとよろしくないのか。
人体ってのは呼吸器のそこまで奥部まで異物に辿り付かれないのが前提で設計されてるからだ。
ヒトの設計図を作ったクソ野郎は、それより前の鼻毛やら粘膜やら繊毛やらで事足りるだろうと。
だから肺胞は最大効率で呼吸に専念しなさいよと、ノーマークのノーガード。
当然っちゃ当然だよな、むしろ肺胞でヘタに痰なんか作ったら窒息して死ねるぜ。
だからちょーっと食べ物のカスや水が入っただけですんげー勢いで咳して排出しようとするし、それでも入り込んじゃうと簡単に肺炎を起こすんだ。
さらにそこから最大効率で吸収され、循環器系へもダメージを与えると言われている。
肺は異物が入らないように十重二十重の防壁を設けているぶん、入っちまったモノを排出する機能は著しく劣る。
つまり、肺胞まで辿り付いちまった物質というのは中身に関わらず、それだけで人体に大きな影響を与え続けるということさ。

怖いねーPM2.5。
なんせ無条件で人体に悪影響なんだから。
でも、MADE IN CHINAのPM2.5を怖がる前にもっと怖がるべきモノが身近にあるんじゃねーの?
例えばディーゼルエンジンの排気ガス。
重機なんかは全部ディーゼルエンジンだよな。
お前らそんなにヒステリックに怖がってたっけ?
ディーゼルエンジン排気粒子なんて2.5どころかほとんどが0.3μm以下だぜ?

そして肺に悪いと言えばタバコの煙。
アレもPM2.5のカタマリだ。

WHOの安全基準だと
年間:10μg/m3
24時間:25μg/m3


日本の環境省が2009年に出した基準だと
年間:15μg/m3
24時間:35μg/m3


これがPM2.5の一応の許容量だ。
んで、これが実生活でどれだけ守られてるかってーと、これだ。
http://www.keiseikai.net/kinen_form/common/download/003.pdf#search='pm2.5+%E3%82%BF%E3%83%90%E3%82%B3'
また例のごとくpdfファイルだけどめんどくせーから今回は切り取ってやんねぇ。
調査対象は都心の店舗らしいよ。
ちょっと恣意的な団体のデータだけど、資料としてはこれが一番分かりやすいなと判断した。
わりと中立な団体のデータもこれと似たようなもんだったから数字としては信用に値するだろう。

で、注目すべきところはどこかってーと。
あー違う違う、害悪に決まってるんだから分煙や喫煙室のデータなんて見てんじゃねーよ。
見るべきは「完全禁煙」の部分。
完全禁煙してようがアベレージで11μg/m3、つまりWHO基準を超えてるんだよ。
これ見てる東京住みのヤツ、完全禁煙のマックやスタバで「空気悪いなー」と感じたことあるか?
お前らが吸ってる空気ってのはWHO基準でギリギリアウト、外出て道を歩けば環境省が定めた年間基準すらアウトっつー過酷(のはず)な環境なんだけど。
マスコミやクソ学者、クソヒステリー含め、今までこんなに騒がれてたっけ?
PM10だって粒子がちょっとデカいだけで似たようなモンなのにPM2.5のインパクトに押されてあんまり騒がれてないよな。

それにギャーギャー騒いでる奴に限って、せっかく数値を調べる環境があっても調べるのは他人任せだよな。
見ろよ。テメーの目で確かめてみろ。
http://www.env.go.jp/air/osen/pm/monitoring.html
せっかく国が調べて十年以上もそのデータを保存してくれてんだから、豚みてーに騒ぐ前に見ろよ。
10年前、平成14年でさえ普通に200μg/m3以上の現在と大差無ぇ数値が検出され続けてんだよ。
不思議だとは思わないか?
ずーーーーーーっとそこにある問題が、なぜ今、この時に、この世界情勢で、このタイミングでにわかに騒がれ始めたのかだよ。
ウンコが臭いのは昔からだし、不潔なのも昔から分かってた事なのに今になって急に臭い!汚い!と騒ぎ立てるようなもんだ。
中国嫌いなおいらとしちゃあ騒いでくれて大いに結構だけど、何も考えずに右往左往する阿呆を眺めるには哀れに過ぎる。

勘違いするんじゃねーぞ。
PM2.5は間違いなく人体に有害だ。
構成分子に関わらずその小ささだけでも十二分に有害なのに、あの中国製とあっては具体的にどんな物質の微粒子なのか分かったもんじゃない。
具体的な害もその規模もはっきりと解明されちゃいないが、害悪なのは間違い無いんだから躍起になって防ごうとするのはいい。
だけどまあ、ちょっと冷静になれよと。
よりインパクトが出るように、基準値を日本のものとWHOのものをとっかえひっかえして「基準値の何倍!」なんて煽るクソ共もそうだし
今まで気にも留めなかったくせにマスコミが騒ぎ出したからって一緒になってキーキー騒ぐサル共もそう。
ちゃんと理解した上で相応に怖がり、それなりの対処をすりゃあ良いんだよ。


んで、問題の対処法だけど。

1.外に出ない
・・・それが出来れば苦労しねーけどさ。
ただ、基本的な防御方法は花粉や黄砂の防ぎ方と大差ねーよって事だ。
当然のことを当然にやりゃあそれなりに防げるんだよ。
ただし、相手は微粒子。
換気扇その他から入ってくるもんまでは止められんな。
そんなもん外に比べりゃ微々たるもんだが。

2.空気清浄機を過信しない
家庭用空気清浄機はPM2.5なんつー特殊で細かい粒子なんざ想定していない。
つい最近、プラズマクラスターなどというエセ科学が事実上否定されたばかりだが、そんなワケの分からない以前に明らかに間違った原理が跋扈する業界=それだけ技術体系が未熟な業界ということだ。
参照:http://www.sharp.co.jp/corporate/news/121128-b.html
   :http://matome.naver.jp/odai/2135409177333435501
もし効果があるとすればHEPAフィルタやその上位種であるULPAフィルタ搭載のハイエンド機種。

とんえでもねぇ値段だ。PS4が買えそう。
ただし、HEPAフィルタの定義は粒径が0.3μmの粒子に対して99.97%以上の粒子捕集率をもち、かつ初期圧力損失が245Pa以下。
理論上はウイルスでさえ捕集するはずだが、肝心の最終圧力損失についてはメーカーやカタログではま完全にノータッチ
商品なんだから、有利な点であればこれでもかと強調しないワケがないんだがな。
効果がゼロでは決してないだろうが、どこまで信用できることやら。

3.加湿器はあまり効果なし
湿度がそこまで効果あるなら海渡って易々とこんなところまで来ないさ。
理屈の上では多湿環境から一気に気温を下げてやれば微粒子が核となり集湿して沈降するだろうけど、それはつまり部屋の中で雨や雪を降らせる行為であり、事実上不可能。
余談だけどGACKTは加湿器代わりに家の中に滝を作ったことがあるらしい。
そのくらい突き抜ければ効果あるかもしれんな。
もっとも、彼が期待していたのはマイナスイオン効果だったそうだが。

4.最終手段、マスク
忌々しいことに現状、なにか画期的な手段が生まれるまでは実質これ一択なんだよな。
頼んでもいねーのに騒ぐ奴らのおかげでもう皆知ってるだろうけど、ただのマスクじゃ効果がない。
HEPAフィルタと同じく、細かい粒子を取り除く専用のマスクが必要になってくる。
しかしこのマスク、非常にデメリットが多い。

まず、その繊維の密度から呼吸そのものがし辛い
上等なマスクほど空気まで遮って気体交換率は低下する。
微粒子の大きさまで防ぐマスク付けてまともに呼吸ができると思わんことだ。
体感だけど具体的に言うと、ガーゼマスクをベチャベチャに塗らしたやつと同じくらいきつかったよ、あれは。

次に、実質オーダーメイド専用
そこまでして空気をフィルター通らしてるのに、マスクと顔の隙間から空気がダダ漏れしてりゃ世話がない。
顔の形をきっちりとらなきゃならないので完成までいくらかの時間を要する事が多い。

そして言うまでも無く高い
ついでに非常にカッコ悪い
上記したオーダーメイドは5000〜10000円程度
何とと言うべきかやはりと言うべきか、需要過多の欠品続き。
まあ年間数百枚出ればいいとこの商品に数万の発注が行けばパンクもするよな。
ちなみにオーダーメイドタイプは洗って100回ほどの使用に耐えるそうだ。
定型の使い捨てタイプもあるだろうが、上記理由からお勧めできないのと、使い捨てのくせにまともな物は1枚1000円くらいするんだな。

これから先、ヒステリーが加速するにつれて安価で同じ効果を謳ったマスクが市場を席巻するだろうけど、自分をヒトと自負するなら間違っても飛びついたりするんじゃねぇぞ。
奴ら認定基準を誤魔化すなんざ屁でもねぇんだ。
流石に具体的な基準があるだろうから、5年前のインフルヒステリーの時ほどの粗製濫造は無いと思いたいが、念のためだ。
ハードウェアは価格が1割下がったら効果は良くて半分と思え。
・・・かの松下幸之助がこう言っていたと思ったけど全然そんなことなかったぜ。
だからこれはおいらの持論。
もともとテメーの安心のためにどんだけゼニ出すかの話してんだ、自己満足でここに至ってまでケチろうとするくらいの野郎にマスクなんざ必要無ぇ。


怖いっつったり怖くないっつったり、言いたいことが多すぎて何が言いたいのか分かりにくい記事になったけど、要は何度も書いたように節度持って適切に怖がれってことだ。
現在北海道のしかも東側にいるおいらにとっちゃあぶっちゃけ他人事で危機感もまーーったく無ぇ。
だからそういう安全地帯からの無責任な罵詈雑言と流してくれても結構。
但し、書いたことには一つたりとも嘘は無いぞ。

・・・誰かそこら辺の舗装工事現場付近でPM2.5濃度測ってみてくれたら、愉快なことになりそうなんだがな。

にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ
まああれだ、クレベリン買うよりはHEPA搭載空気清浄機のほうがマシだよきっと。値段も10倍くらいするけど。
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
ブログパーツ
posted by 猫耳将軍 at 13:13| 北海道 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 科学技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

【商品紹介】大正製薬・ナロンメディカル【欺瞞と詭弁】


今年の4月くらいにとある薬が区分変更され、ドラッグストアでも販売できるようになる。
名前をナロンメディカルという。
名前からして分かるだろうが、大正製薬から発売されているナロンエースシリーズの末っ子だ。

ここでステマ紛いの紹介をするからにはちゃんと理由がある。



なんと!

このナロンメディカル!!

イブプロフェンが一回量200mgも含まれているのだ!!!



・・・あ、痛いごめん石投げるのはやめてー!
確かに現状でもいつか紹介したリングルアイビー200とか、一回量200mgの商品はいくつかあるんだけどさ。
200mgのイブプロフェンを一日に三回、つまり一日量で600mgの使用を認められているのはこいつだけなんだぜ!!(ドヤァ

・・・あああ刃物もノーサンキュー!
現状で販売しているリングル200は、箱裏の説明書きにしっかり「一日二回を限度として」って書かれてる。
おいらでさえ大正のラウンダーに言われるまで気付かなかったのに、使ってる客のうちどのくらいが気付いてるのかは知らんけどね。

・・・・え?他の違い?
ねぇよそんなもん。
一日で600mg飲めるよ!良かったね!ってだけ。
イブプロフェン一日450mgの用途ならドラッグストアで100錠だろうが200錠だろうが買えるけど、600mgだと薬剤師がいなければ買えなかったってことだよ。
全くもってアホらしい。
一錠あたり50mg含有する錠剤を何十何百コと売った時点でその先の用法用量なんざそいつのさじ加減次第だろうがと。
用量によってリスク区分を変える事は何もおかしくねぇ。
が、用法と用途が同じなのに用量によってリスク区分変えるなら、最初ッから第一類相当の使い方が「できない」ようにしなければ、そんな区分自体意味が無ぇだろうが。

と、ゆーことで。
4月からのナロンメディカルよろしくね!
同量のイブプロフェンが欲しければナロンエースの方が遥かに安くてお店への利益も大きいけど、せっせと買って客をナメてる製薬会社に貢いでね!!

にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ
貴様はおいらがまともに特定の商品をヨイショすると本当に思ったのかね?
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
ブログパーツ
posted by 猫耳将軍 at 15:53| 北海道 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

ラッパと塩素、夢のコラボレーション。


・・・怪しい。
実に怪しい。
新型インフルエンザやノロウイルスの脅威と共に急速に巷に溢れ出した塩素系殺菌剤。
塩素そのもののの殺菌能力を今さら疑う気は無いが、それと塩素を利用した商品に疑う余地がないかどうかは別の話のはず。

特に怪しいのはクレベリンシリーズに代表される、置くだけで二酸化塩素を揮発させる商品だ。
塩素というものは本来人体にとって極めて有害な気体であることは中学校のお勉強で習う通り。
安全かつ効果のある商品であると言いたいのであれば、菌やウイルスに対する殺菌能力を有しつつも生物にとって無害な気体濃度を維持しなければならない。
ま、そんなこと不可能だと思うけどいろいろ調べてみたわけだ。
呼び名はほぼクレベリンとするけど、それは呼び分けるのがめんどくさかったのと、類似商品はごく一部を除いてクレベリンシリーズ以下の性能しか持っていないためなので悪しからず。


まず、塩素で消毒するってのがどういう事なのか、意外と知らない人も多いだろう。
並みの菌ならばアルコールで消毒してりゃあいいんだよ。
口に入れようが目に入ろうが多少高濃度で揮発しようがちょっとしみて酔っ払うだけだ。
アルコール超便利。
だけど菌の中にはアルコールじゃ効かないヤツもいるし、アルコールだと効く濃度がちょっとシビアだから、確実に殺菌したい時は塩素を使うってーわけだ。
だからまな板だとかトイレ、雑巾みたいな、菌の種類が多いところによく使われるよな。
それはそれだけ生物に対する影響がデカいという事でもあるんだ。

ちなみに上記で挙げた用途に使われるのは主にハイターやミルトンといった商品で、厳密には次亜塩素酸ナトリウムというものだ。
クレベリンに配合されている二酸化塩素はさらに倍プッシュ、約2.5倍の酸化能力を持っているのでそこんとこよろしく。

で、何にでも効いてスゲー二酸化塩素なんだけど、便利とはちょっと言い難い。
日本の厚生労働省も二酸化塩素をブッ放して空間を消毒する方法を少なくとも1999年に統合された感染症法においては認めていない。
そして2007年に別件で再統合された際もこれに関する記述に変化は無かった。
1999年とか2007年と聞くと古いと感じるかもしれないが、例えば今これが改定されるとしても塩素ガス消毒が推奨されるとは考えられない。
むしろ1999年までは推奨されてたけど、1999年の統合を機に削除されたくらいだからな。
それは塩素ガスの大き過ぎる4つのデメリットにある。

1、特に眼や呼吸器系の粘膜を刺激して炎症を起こす性質。
2、熱、光に対して極めて不安定な性質。
3、金属はもとより、プラスチックまで片っ端から劣化させる性質。
4、汚れが付着した環境に対する殺菌能力はほぼ無い。


特に注目すべきは4。
ウチの客でも「ノロウイルスの感染者が吐いたけどクレベリン置いてるから平気」とか抜かしてる白痴がいたけど、全ッ然意味ねーからな。
二酸化塩素を散布したとしても、それが殺菌消毒するのはあくまで空気中に漂う菌に限っての話で、何かに付着したり混入している状態の菌ウイルスにゃあ効果がねーって事。
環境消毒してーなら原則として清拭消毒。
対象の菌によってアルコールなり塩素系物質なり替えろよと。
あるものぜーんぶ消毒できて無害な物質なんて人類は未だに発見できてねーしできるわけねーんだから無茶言うな。

以上がクレベリンに限らない消毒法のお話。
これを踏まえたうえで個別の話に移ろう。


今日の本題、二酸化塩素による除菌をうたった商品について。
日本においての二酸化塩素は経口摂取による安全性は確認されている。
ただし、せっかくお国が安全性を確認しても馬鹿はこの言葉の意味を正しく捉えられない。
「安全性を確認」というのは、「塩素は安全である」という意味では決してない。
「安全である量を検査のうえ確認した」ということ。
「安全である量を確認してそれを守らなければならないモノ」のことを普通の人間は危険物と呼ぶんだ。

だから、クレベリンのパッケージに書いてある

■二酸化塩素は除菌・消臭成分としての働きがあり、わが国においては小麦粉漂白処理の食品添加および、浄水(水道水など)処理用として使用が認められています。

という無知な客を騙して偽りの安心感を誘うためのこの記述は、安全性において全く無価値な表記であるということだ。
そしてこれはそのまま、クレベリンに対する強烈なブーメランとさえなる。
わが国においては小麦粉漂白処理の食品添加および、浄水(水道水など)処理用として、しかも厳密な濃度管理の下でしか使用が認められていねーんだよ。
乏しい脳味噌で自身が書いた日本語が理解できたら5回くらい死んでから出直せクソラッパめ。

さらに製品特徴。

■置いておくだけで持続的に浮遊するウイルス・細菌を除去し、カビの育成を抑制し、トイレや生ゴミ等の不快な臭いを消臭します。
■ポンと置くだけでインフルエンザ対策です。


だからね、国は殺菌消毒剤としての塩素ガスを認めてないんだってば。
上記の特徴は「純粋二酸化塩素水溶液」に対してのみ表記可能な謳い文句だぜ。
クレベリンのようなゲル生成型の商品に配合されているのは二酸化塩素だけど、樹脂に吸着させた時点でそれは「安定型二酸化塩素」だ
未だに正露丸に縋ってる大幸薬品様(笑)だから知らんかもしれんけど、日本の薬事法ってのは成分ではなく製品ごとに効能を実測しなければならないんだ。

ちょっと分かり難いかもしれないな。
イブプロフェンで例えようか。
イブプロフェンという成分に解熱鎮痛作用があるなんて誰だって知ってることだ。
それでもイブプロフェンを含む薬を新しく売りたいなら「『その商品の』イブプロフェンの効果がちゃんと出ているか」を商品ごとにきっちり測定しなきゃならないんだ。
イブA錠と同じ一日量三回150mgのイブプロフェンが入った新しい薬でも、イブAと同じ効能を謳えるほどの効果を発揮するかどうかはしっかり調べなくちゃならない。
同じように、二酸化塩素に成分としての殺菌消毒効果があるからといって、「クレベリンに配合されている二酸化塩素」が同じ効果を有するかどうかはきっちり調べなきゃいけないし、調べていないうちはこういう表記をしてはいけないはずなんだよな。
安定させるために構造を変えているなら余計に、効果が無いかもしれないし、逆に強くなったり本来は無かったはずの性質を獲得して従来の二酸化塩素と同じ使い方をしてはマズいかもしれないんだ。

さらにイカンのは「ウイルス・菌・ニオイを除去」というフレーズ。
だから日本の薬事法ははこういう殺菌消毒剤を認めてないんだってば。
「殺菌消毒」とは書いてないけど、それを誘導または連想させる表記ってどーなのよ。
どーなのよっつーかダメなんだけど。
こんな誘導ですらアウトなのに「インフルエンザ対策」なんてもう問答無用斬り捨て御免だ。
自社基準でもいいから各個のウイルスとその活性について調べたのかな?とも思って大幸薬品のホームページ覗いてみたけどそんな検査してねーし。
もうほんと何がしたいのよこのアホは。


まだだ、まだ終わらんよ。
さらに追撃。

参考資料:独立行政法人 国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20101111_1.pdf#search='%E7%8B%AC%E7%AB%8B%E8%A1%8C%E6%94%BFB3%95%E4%BA%BA+%E5%9B%BD%E6%B0%91%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC+%E4%BA%8C%E9%85%B8%E5%8C%96%E5%A1%A9%E7%B4%A0'

一般家庭で時間当たりの空気中の濃度を調べるのは無茶があるからね。
ある資料は利用しよう。
ここでは主要9銘柄について調査してくれている。
PDFファイルなんて公式ブラクラなんざ開けるかクソがという野郎のために必要なところは画像でうpしてやんよ。

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

まず注目すべきは図3の二酸化塩素開放速度。
うwwっはwwwNo6すげえwwwwwwww
さwwすwがwwwウイルスバスターwwwwwwww
ウイルスどころか守るべき対象まで危険に晒すとか、某アンチウイルスソフトをリスペクトしすぎだ。

他のゲルタイプ及び錠剤タイプは価値なし。
ゲル生成タイプ3種のうちNo6は過剰で、No7のクレベリンゲル及びNo8のパルエックスジーのみが論ずるに値するということまでは理解できるだろう。
ちなみにウイルスバスターの一日後、0.46ppmってのは最初の図の通り、文句なしで化学汚染された環境と同レベルだから買ったヤツはマジで気を付けろよ。
そうでなくとも0.1ppmだってパッと見は許容範囲じゃんと思うかも知れんけど、これはこの環境で働く上での基準だからな。
具体的には「労働時間が8時間/日及び40時間/週」での数値だ。
こんな濃度の環境で人間が生活することなんて想定されてねーんだからな。


現状で言えるのはこんなところだ。
何度も言うが二酸化塩素で空気中に漂うウイルスをどこまで殺せるかなんて、そもそもそんな使い方認められてないんだから基準が無い。
ただ、まあ参考程度に。
二酸化塩素の約0.4倍の酸化能力を持つ次亜塩素酸ナトリウムでのお話。
この場合、例えばノロウイルス患者による嘔吐物及び接触箇所の清掃には0.1〜0.5%、1000〜5000ppmの溶液によって消毒するとされている。
こんな相手をいくら空気中だからって、果たして人体に影響のない濃度で殲滅できるものかね。

にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ
ほんと、ダメとは言い辛いけど決して良くない商品ばかりだなクソラッパ。
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
ブログパーツ
posted by 猫耳将軍 at 11:47| 北海道 ☔| Comment(17) | TrackBack(0) | 科学技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする